大阪市内の北部と南部はそれぞれ「キタ」「ミナミ」という通称で呼ばれており、キタは梅田駅を中心に百貨店や大型ショッピング施設、飲食店などが集中しており大阪の中心的な存在です。ここでは梅田駅にスポットを当て、交通や施設等についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

交通について

梅田という地名は厳密には大阪市北区にある梅田1丁目~3丁目を指しますが、この周辺も含めた一帯を「梅田」と呼んでいます。梅田には複数の鉄道会社による駅が設置されており、大阪メトロ、阪神電鉄、阪急電鉄では「梅田駅」、JRでは「大阪駅」と名づけられています。梅田駅も大阪駅も徒歩で移動できる距離にあるので、待ち合わせで「梅田に集合」と言われた場合にはいずれかの路線を利用して各々が梅田駅や大阪駅で下車し、指定の場所に集まってくることになります。

梅田駅がある大阪メトロ御堂筋線は、北大阪急行電鉄と乗り入れしており北は千里中央駅(豊中市)、南はなかもず駅(堺市)まで結ばれています。梅田駅からは、四つ橋線の西梅田駅や谷町線の東梅田駅に乗り継ぐことも可能になっています。

阪神電鉄の梅田駅は「阪神梅田駅」と呼ばれ、阪神梅田駅を起点とした阪神本線が神戸市の元町駅まで結ばれています。阪神タイガースの本拠地である甲子園球場は、阪神本線の甲子園駅が最寄駅になっています。

阪急電鉄の梅田駅は、一般的に「阪急梅田駅」と呼ばれています。阪急梅田駅を起点とし、神戸本線は神戸三宮(神戸市)まで、宝塚本線は宝塚駅(宝塚市)まで、京都本線は河原町駅(京都市)まで結ばれています。

JR西日本の大阪駅については、大阪環状線、JRゆめ咲線、大和路線、阪和線、関西空港線、JR宝塚線・福知山線、JR神戸線、JR宝塚線、JR京都線に接続しています。京都・神戸・奈良・和歌山へのお出かけや、ユニバーサルスタジオジャパン、関西国際空港へもJR線でアクセスすることができ、一日中利用客で賑わっています。


 

駅の構内図・時刻表について

梅田駅の構内図や時刻表は各駅の構内に掲示されていますが、鉄道各社のホームページにも掲載されています。梅田駅はフロアが複数あったり阪神電鉄から阪急電鉄に乗り換える場合などは少し歩いて移動しなければなりません。普段あまり梅田駅を利用しない人は迷ってしまう可能性が高いので、構内図は事前に確認しておき、ある程度の方向や目印になるものなどは頭に入れておいたほうがスムーズでしょう。

 

梅田駅周辺でランチ・ディナーにおすすめのスポット

梅田駅周辺はオフィスビルや商業施設が多く、ランチを提供しているお店がたくさんあります。阪急梅田駅付近であれば阪急三番街で洋食・和食・中華などのお店がたくさん営業しています。また、阪急32番街にもおしゃれで落ち着いたお店が集まる空庭ダイニングと呼ばれるフロアがあります。阪神梅田駅付近の場合は阪神百貨店のレストランフロアや地下街のWhityうめだが近くて便利でしょう。大阪メトロの梅田駅やJR大阪駅付近ではグランフロント大阪、LUCUAのレストランフロアがおすすめです。

ディナーの場合は、上に書いたようなお店でも楽しめますが、最近人気なのは「お初天神 裏参道」と呼ばれるエリアです。もともとお初天神通り商店街という飲食店が立ち並ぶエリアでしたが、裏参道には若者向けの屋台風のバルやイタリアンのお店が多く、1軒1軒は小規模ですが気軽に入って気軽に出られるため「ハシゴ」をするには最適な場所です。

少し高級なディナーにしたいという場合は、少し歩いて北新地エリアまで行くと、大人向けの落ち着いて食事ができるお店がたくさんあります。

スポンサーリンク

 

コインロッカーの場所について

観光やビジネスで梅田駅を訪れた場合、人ごみの中を大きな荷物を持って移動するのは大変です。最近は駅構内や各施設内にコインロッカーがたくさん設置されていますので、預けておくとかなり動きやすくなります。

ロッカーの設置場所まで行かなくてもコインロッカーの空き状況を確認できる「コインロッカーなび」という検索サービスもありますので、近くにコインロッカーが見当たらない場合はまずは検索してみると良いでしょう。

なお、ホテルに宿泊する場合はチェックイン前でも荷物を預かってもらえることがほとんどですので、是非利用しましょう。

 

まとめ

梅田駅周辺は買い物や食事を一日中楽しむことができ、最近では海外からの旅行客も非常に多くなっています。梅田エリアはそれほど広い範囲ではありませんがビルが多く上下の移動もかなりありますので、ブラブラしたい場合は歩きやすい靴や服装を選ぶことをおすすめします。特に週末は非常に混雑しますので、人気のお店は列に並んだり入れなかったりすることもあるかもしれません。可能であれば事前に予約しておいたりピークの時間帯を避けたり、大阪を目いっぱい楽しむためにある程度計画を立てておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク