UCカードといえば、みずほフィナンシャルグループのユーシーカード株式会社が発行していたカードになっていて、主にみずほマイレージクラブカードやヤマダLABIカードなどと提携していたりするので色々とメリットが多くあります。

そのUCカードにも種類があったりするため、選べるようになっていてUCカードの部類の中で最も人気があるのがヤマダLABIカード、MileagePlus UCカード、Tokyo Metro To Me CARD、UCカード(一般)となっていて今回はその一つ一つのカードについて説明していきたいと思います。


 

ヤマダLABIカードはヤマダポイントと永久不滅ポイントを同時に貯めることができます

ヤマダLABIカードはヤマダフィナンシャルと提携して発行しているクレジットカードになっていて、年会費は初年度は無料となっていますが、2年目から500円弱かかります。

また、このカードを使ってショッピング及びキャッシングを1回利用した場合は次年度の年会費がなんと無料となり、ヤマダポイントと永久不滅ポイントがダブルで貯めることができるのでかなりお得です。そして肝心のポイント還元率ですが、ヤマダ電機を利用した時にヤマダポイントはなんと10%つき、UC永久不滅ポイント0.5%入ります。ヤマダ電機を良く利用したり、ヤマダポイントがつけられる店舗を利用している方に最適なカードであります。

 

MileagePlus UCカードは旅行をよくする方や仕事の出張が多い方に最適なカードです

MileagePlus UCカードは提携先がユナイテッド航空会社となっているクレジットカードであり、年会費は1500円かかり、ショッピング及びフライトとかを利用した時に航空マイルが貯まる仕組みとなっていて、マイル換算率もいい感じであり、利用代金200円につき1マイル貯まる計算であり、還元率は利用先のところによって異なります。

気をつけたいのはUC永久不滅ポイントが対象外となっているところであります。出張及び旅行でユナイテッド航空を良く利用する方に向いているクレジットカードになっています。

また、このカードは貯めたマイルを国内外のフライトアップグレードする際に利用することができ、年間100万円のショッピング補償保険がついてきて海外、国内旅行の付帯保険がかなり充実していたりします。


 

 

Tokyo Metro To Me CARDは東京メトロユーザーやPASMOを普段よく利用する方におすすめなカードです

Tokyo Metro To Me CARDは東京地下鉄と提携していて発行可能なクレジットカードになっていて、年会費は完全無料でありメトロポイントとUC永久不滅ポイントを同時に貯めることが可能となっています。また、PASMOオートチャージサービスが利用可能であり乗車ポイントもついたり提携先にカード提示をすることによってお得な割引や特典を受けられるようになっています。

発行する時に分からないことがあれば問い合わせとかを行えば専門スタッフの方がしっかりと対応してくれます。

クレディセゾンで発行した一般のUCカードも色々とメリットがある

クレディセゾンにて発行したUCカードはUC永久不滅ポイントが貯まるようになっていて、UC永久不滅ポイントでありますがポイントの還元率が0.5%になっていて、公共料金や携帯料金の支払いでもポイントが貯まる用になっていて、ECサイトとして有名な「永久不滅.com」経由で買い物をした時につくポイントの付与率がなんと最大で30倍まで上がります。また、ポイントが永久不滅であり消滅することがないので有効期限がなく、オンラインプロテクションが補償されているため、安心できます。

そして、演劇・ライブまたコンサート、スポーツ関係のチケットを先行予約した場合は必ず優待特典を受けられるようになっているため、特典サービスもかなり充実しています。

ちなみに貯めたポイントは商品券とかに変えることも可能であるため、買い物を良くする方とかは作っておいたほうが良いかもです。またWeb明細に登録することによって、永久不滅ポイントをもらえるキャンペーンとかもやっていたりするのでお得だったりします。商品券は色々と種類があるので選択することができ、貯まったポイントを使いしっかりと交換できるので色々な店舗で使うことができます。


 

まとめ

UCカード及びUCカードの部類に含まれているクレジットカードのことを紹介しましたが、利用用途や目的に応じて作れるようになっているため、多種多様のニーズに応えてくれていることは確かであります。各カードによって特典やサービスなどが異なっているため、UCカードを作ろうと思った時はしっかりと調べてから手続きを行うようにお願いします。各カードの細かな詳細は提携・発行先の会社のWebサイトとかで細かな情報を確認できるので詳しい詳細を確認することができます。細かなことを知りたい時は問い合わせとかを行えばしっかりと情報を教えてくれるため、安心してカード発行とかができます。