釣りが趣味という方であれば“釣具のポイント“を知らないという方は居ないでしょう。

ポイントは店舗営業はもちろん、オンラインでの販売もしているので近所にポイントがないという方でも利用しやすい釣り関連のお店になります。

では、釣具のポイントをよく知らない方に詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

釣具のポイントでできること

釣具のポイントでは主に釣り道具の購入、お持ち込み釣果ができます。

これは店舗にて行えることです。

釣具のポイントのオンラインでは釣り道具の購入、釣果情報、釣具レビュー、店舗ニュース、店舗ブログ、釣りコミュニティー、釣り場案内、Twitter、Facebookを見ることができます。

自宅近くに釣具のポイントがないという方はオンライン上だけで全て完結することができます。

また、釣りコミュニティーやSNSの利用ができるため釣り好きと交流することができる場所でもあります。


オンラインで情報を知れる

ネット上で“釣具 ポイント“と検索をすると釣具のポイントの公式サイトを見ることができます。

そこでは新着情報や釣具のレビュー、店舗ニュースや店舗ブログ、釣り場案内などの情報を知ることができます。

新着情報というのは店舗のリニューアル情報を知ることができたり、ダービー情報を知ることができたり、ポイントの日の情報を知れたり、閉店のお知らせやイベント情報、新商品キャンペーン等の情報を知ることができます。

新着情報なので釣具のポイントの情報をいち早く知ることができます。

釣具のレビューでは、実際に釣具を利用した方の正直な感想を見ることができます。

ちなみにレビューされている内容は☆5つでの評価とコメントになります。

☆5つでの評価の内容は総合レビューと感度、パワーやコスト、使いやすさやデザイン等になります。

レビューされている商品によって☆5つの評価内容は異なります。

店舗ニュースでは各店舗での再入荷した商品や新商品などの情報を知ることができます。

店舗ブログでは各店舗のスタッフが不定期に更新しているブログになります。

釣り関連のブログを更新しているので参考になります。

釣り場案内では釣り場の案内だけではなく、現在の状態を知ることができます。

釣り場と釣り魚、日付と釣り魚のサイズ、重さ、コメントを見ることができます。

日付が掲載されているのでいつ更新されたものなのかがはっきりと分かるため釣りの予定も立てやすくなります。

こうした情報をオンラインで知ることができるので、釣具のポイントの公式サイトは持っておいて損はないです。

釣具のポイントセール

釣具のポイントでは不定期ではありますがセールを行っています。

決められているセール日は元旦の初売りのみです。

セール内容は毎回異なりますが、定価よりも数十%割引や半額、安価でのまとめ売りやなどをやっています。

当たり前ではありますがセールではない定価で買うよりも、こうした不定期に行われているセールを利用すると良い商品を安く手にすることができます。

釣具のポイントでのセールは、釣具のポイント公式サイトにてセール情報を確認することができます。

チラシなども見ることができるのでどんな商品がどの位安くなっているのかも知ることができるので、実際に店舗に足を運ぶ方にとっては無駄足にならず計画的に釣り道具を購入することができます。

スポンサーリンク

 

ポイントカードがある

釣りのポイントでは“P’S CLUB(ピーズクラブ)という会員ポイントカードがあります。

入会手数料と年会費は無料なので誰でもすぐに発行することができます。

お買い上げ金額100円毎にポイントが付与されます。

ちなみに釣具のポイントでは会員ポイントカードのランクがあり、1年間のお買い上げ金額が15万円~40万円未満はシルバーカード。

お買い上げ金額が40万円以上の場合はゴールドカードになります。

1年間のお買い上げ金額が15万円未満の場合はブロンズカードになります。

会員ポイントカードのランクによって付与されるポイントが異なり、ブロンズカードはお買い上げ金額100円毎に1ポイント。

シルバーカードは3ポイント、ゴールドカードが5ポイントになります。

会員ポイントカードのランクが上がれば上がるほどポイントも貯まりやすいということになります。

シルバーカードとゴールドカードになると付与されるポイントが増えるだけではなくオリジナルグッズや3年以内であれば何度でも30~50%割引になるためセール日じゃない時でも安く釣り道具を購入することができます。

 

まとめ

釣具のポイントでは他の釣具店よりも詳しい釣り情報を見ることができます。

なので「釣りをしてみたいけれど難しそう」などと思って中々釣りを始めることができないという方でも釣具のポイントの情報を見ているだけでもなんとなく釣りのことを知れます。

また、実際に店舗に足を運べば釣りに詳しいスタッフの方しか居ないためなんでも釣りの質問をすることができます。

スポンサーリンク