Mode

辻堂海浜公園ジャンボプールとは?プールの種類などをガイドします

湘南の海沿いに広がる神奈川県立辻堂海浜公園。一年を通して、地元の方はもとより、神奈川県内外からも多くの方が足を運びます。その中でも、7月中旬より夏季限定で開園する「辻堂海浜公園ジャンボプール」は、子供から大人まで充実したアトラクションを楽しむことができます。県営ということもあり、他のジャンボプールと比較しても、利用料金はとてもリーズナブルです。毎年多くの方が訪れる、大人気のプール施設です。

営業期間、営業時間、利用料金

平成29年度の営業期間は、7月8日(土)~9月10日(日)です。
(荒天時または水温が22度未満の場合は営業を中止する可能性あり)
営業時間は午前9時~午後6時です。

利用料金は、おとな(高校生以上)/830円、中人(中学生)/520円、
子ども(小学生以下)/210円となっています。
(「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」又は「療育手帳」をご提示の、
障害者ご本人と介添えの方は1名まで無料)

午後3時半以降は、大人の利用料金が割引となり、520円になります。
期間中の回数券も販売しています。一回分お得です。
大人入場券7枚綴り/4,980円
中人入場券7枚綴り/3,120円
子ども入場券7枚綴り/1,260円


プールの種類

辻堂海浜公園ジャンボプールには、小さな子供でも安心して遊べるプールや、
子供から大人まで楽しめるプールと、様々な種類のプールがあります。

中でも大人気なのが、「ウォータースライダー」です。10メートルの高さから、青いのトンネルの中を左右にくねりながら一気に滑り降ります。上からは、富士山を見渡すことができます。このアトラクションは、小学二年生以上、身長120センチ以上から、遊ぶことができます。

「流れるプール」は、一周270メートルある広々としたプールです。浮き輪などにつかまり、ゆるやかな流れにのんびり身をまかせたり、距離を気にせずゆっくり泳いだりすることができます。途中には、上から水が叩きつける滝のエリアもあります。滝の裏側は、歩けるようになっています。この「流れるプール」に囲われた中央には、「アクアライダー」という小さなスライダーがあります。「ウォータースライダー」よりは、傾斜がゆるく、距離も短めなので、初めてのスライダーとして挑戦するのにちょうどよい長さです。

「波の出るプール」は、まるで海にいる気分になれるプールです。時間になると、造波器よりザザーッと波が押し寄せてきます。波打際から奥に向かうにつれて徐々に深くなっていき、一番奥は1.5メートルの深さになります。浅瀬で足をちゃぷちゃぷして遊んだり、奥で浮き輪につかまりながら波に揺られたり、色々な楽しみ方があります。


小さな子供には、「幼児プール」、「くじらの海」、「滝のプール」の3つのプールが用意されています。「幼児プール」は、円筒形の柱からチョロチョロと水があふれてきます。他にも自分で打つことのできる水鉄砲や、手回しポンプなどの遊具もあります。子供達が夢中になって遊ぶこと間違いありません。水深は深さ20~40cmなので、子供も安心して楽しむことができます。また、「くじらの海」は、プール中央のくじらが噴水をだします。「くじらの海」については、オムツが取れていない子でも、プール用オムツを着用すれば入ることが可能です。初めてのプールデビューにもオススメです。

「滝のプール」は、中央に小さなすべり台が2つあるごつごつした岩場を再現したプールです。すべり台は特に年齢制限はありません。角度が小さく、スピードはでないので、幼児でも怖がらずに乗ることができます。

バリアフリー対策

辻堂海浜公園は、「みんなが楽しめる公園」を目標に掲げており、バリアフリーに対応した設備が充実しています。「波の出るプール」と、「流れるプール」は、車椅子の方でも利用可能です。水に入ることのできる専用の車椅子が用意されています。プールサイドには、昇降リフトが設置されていて、専用の車椅子のまま、安全に水に入ることができます。

また、障害のある方だけでなく、妊婦の方、赤ちゃんや小さな子供も一緒に利用することができるトイレも完備しています。


園内での食事

9:00~17:30の間、プールサイドに7つの売店がオープンしています。
ラーメンや焼きそば、タコライスなどのしっかりとした食事はもちろん、かき氷やクレープアイスなどのスイーツ、ドミノピザの売店もあります。価格は100円から900円程度です。公式ホームページには、商品のアレルギー物質(特定原材料)が公開されているので、食品アレルギーの方でも安心して利用することができます。
お弁当やお菓子の持ち込みもオーケーです。(ただし、缶類、アルコール飲料の持ち込みは禁止)

辻堂海浜公園ジャンボプール内では、1日に3回、休憩時間があります。
10:25~10:40(15分)
12:00~12:30(30分)
14:55~15:10(15分)
休憩時間はラジオ体操の音楽がかかります。その時間を利用して、
水分補給をしたり食事をとったり、体を休めることができます。

園内には日陰の休憩スペースも充実しています。レジャーシートを敷いて場所を確保しておくと便利です。また、日陰になっていないエリアは、日中のさんさんと照りつける日差しで地面がとても熱くなります。園内の移動には、ビーチサンダルを履いていると、暑さ対策になります。
(テント、パラソル、サンシェードや日傘などの持ち込みは禁止されています)

また、売店では水着やゴーグル、浮き輪なども販売しています。うっかり忘れ物をしてしまった場合でも、売店で購入することができます。浮き輪の空気を入れる無料サービスも行っています。

アクセス、駐車場について

【住所】
〒251-0046 神奈川県藤沢市辻堂西海岸3?2

①電車、バスの場合
R辻堂駅南口から高砂・辻堂西海岸経由辻堂団地行きバス
「辻堂海浜公園入口」下車(所用時間約10分)
JR辻堂駅南口から湘洋中学校経由鵠沼車庫前行きバス
「辻堂海浜公園前」下車(所用時間約10分)

②車の場合
駐車場は、プールに近い東駐車場(499台)と、交通展示館に近い西駐車場(301台)があります。
利用時間は5時~21時です。
利用料金は、大型車の場合は、最初の1時間は1,030円、以降30分毎に520円です。
普通車の場合は、最初の1時間は420円、以降30分毎に210円です。
プール営業期間中は、普通車の駐車料金の上限設定がありません。
東駐車場には、無料の屋外シャワーと、有料の室内温水シャワーが用意されています。
有料シャワーは3分で200円です。
夏休み期間中の土日祝日、お盆は大変混雑します。
自転車の駐輪場は、海浜公園内に多数あります。

時間が経つを忘れて一日中楽しめる、夏限定水遊び天国「辻堂海浜公園ジャンボプール」。
毎年リピートして足を運ぶ人も多い、大人気大満足の人気プールです。
プールでおもいっきり遊んだあとは、公園内をのんびりお散歩することもオススメです。
真夏の炎天下の思い出作りに、家族と、恋人と、友達と、ぴったりのレジャースポットです。