洗濯表示とは、繊維製品の取り扱いに関する表示記号のことを言います。

衣類には基本的に洗濯表示が書かれているタグが付いています。

そのタグを確認せずに洗濯をしてしまうと型崩れや色落ち、縮み等の原因になってしまうので洗濯をする前の洗濯表示の確認は大切です。

では、洗濯表示のアレコレをご紹介します。


 

洗濯表示のマーク

 

ここでは目にすることの多い洗濯表示と、中々目にすることのない洗濯表示のマークの意味をご紹介します。

ではまずは目にすることの多い洗濯表示からご紹介します。

長方形の中に「40」と書かれているマークは「水温40度を限度に洗濯機で洗えます」という意味を持っています。

お湯での手洗いや、おふろの残り湯を使った洗濯もできるということです。

オケの様なマークの中に「30」と「手洗」と書かれているマークは「水温30度を限度に弱い手洗いができます」という意味を持っています。

汚れが付きにくいニット素材のトップスなどに多く記載されています。

オケの様なマークに×が書かれているマークは「水洗いできません」という意味を持っています。

もちろんお湯での洗濯もできません。

ダウンジャケット等の自宅では洗うことが難しい物によく記載されています。

どうしても洗濯したい時は自宅ではなくクリーニング店でのお手入れになります。

アイロンマークに「高」や「中」、「低」のどれかの文字が書かれているマークは決められた温度を超えたアイロンがけを極力禁止しているという意味を持っています。

「高」の場合は210度を限度とし、高温180~210度でアイロンがけをすることができます。

「中」の場合は160度を限度とし、中温140~160度でアイロンがけをすることができます。

「低」の場合は120度を限度とし、低温80~120度でアイロンがけをすることができます。

また、アイロンマークに×が書かれているマークは「アイロンがけはできません」という意味です。

こうしたアイロンマークの意味に従わないと衣類を傷めてしまったり、黄ばみ等の原因にもなります。

お次は中々目にすることのない洗濯表示のマークをご紹介します。

三角の上部が開いているような形の中に「エンソサラシ」と書かれているマークは「塩素系漂白剤による漂白ができる」という意味があります。

これは基本的にどんな漂白剤でも使用できるということになります。

ですがこのマークに×が書かれているマークになると「塩素系漂白剤による漂白ができない」という意味になります。

このマークの記載があった場合は漂白剤の成分を確かめてから使用しないと洋服の色が抜けてしまいます。

丸の中に「ドライ」と書かれている上から×が付いているマークは「ドライクリーニングはできない」という意味です。

クリーニング店でもドライクリーニングができないという表示になるため、クリーニング店に持ち込んでも取り扱ってもらえません。

洗濯表示のマークは全部で28種類あります。

そのため見たことがあっても意味を理解していない方がほとんどかと思います。

ネット上で洗濯表示を検索すると洗濯表示一覧を見ることができるので、困った時は洗濯表示を検索すると良いです。


 

洗濯表示の記号

・洗濯表示の記号は日々進化しており、数年に1度のペースで変わっています。

・従来に比べて最新の洗濯表示の記号は見やすい且つ覚えやすくなりました。

・洗い方の記号はオケの様なマークの中に数字が書かれています。

・書かれている数字は最高限度の温度の表示になっています。

・どんな物をどんな風に洗濯したらいいのか一目瞭然です。

そして漂白の仕方についての記号は、従来は三角の上部が開いているマークでしたが最新の記号では△になりました。

乾燥の仕方についての記号は従来は記号すらなかったのですが最新の記号では正方形の中に○が書かれている表示になり、乾燥できる排気温度の上限が書かれています。

洗濯物の干し方やアイロンのかけ方の記号は従来の記号とそれほど変わっていません。

最新の洗濯表示の記号はネット上で確認することが出来るので、気になった方は是非検索してみてください。

スポンサーリンク

クリーニング表示について

洗濯表示に時々「P」や「F」と書かれているマークがありますが、これはクリーニングの時に使われる表示になります。

もっと簡単に言ってしまうと、自宅での洗濯には全くと言っていいほど関係のない表示にあります。

なぜこの関係のない洗濯表示がタグに書かれているのかというと、クリーニング店に出した時にクリーニング店の方達がクリーニングの仕方などを確認するための表示なのです。

なのでこのクリーニング表示は自宅での洗濯時にそれほど気にする必要はありません。

 

まとめ

洗濯表示を全く知らないと洗濯機を回した後や、洗濯物が乾いてから最悪な結末になってしまうことがあります。

大切にしている衣類であればあるほど洗濯をする前に必ず洗濯表示のチェックをしてください。

また、アイロンがけや乾燥機に入れてはいけない衣類もあるので、洗濯表示を参考にそれぞれの衣類に合った扱い方をしてください。

そうすることで衣類は綺麗に長持ちしてくれます。