どんな服でも服の左の内側に必ず縫いつけられているタグ。これを気にして見たことはありますか。このタグ、肌に当たってチクチクするので外してしまうことも多いと思いますが、服にとって大切な情報が沢山含まれています。特に洗濯方法や干す時の注意点、それにお家でお洗濯が可能なのか、それともクリーニング店へお願いしないといけないのかが簡単なマークで記載されています。洗濯マークは購入した衣類を初めて洗濯機に入れる前に必ずチェックするのがおすすめです。洗濯マークをチェックすることで、洗濯した時の失敗を防ぐ事ができ、お気に入りの服を長くきれいに着ることができます。

そしてこの洗濯マーク2016年12月から新しく変更されています。以前と違うマークになっていますので、今まできちんと確認していた方ももう一度見直してみるとよいかもしれません。


 

アイロンの洗濯マークはどんなもの

新洗濯マークの表示では、アイロン仕上げについてのマークは4種類になっています。以前は「高・中・低」という漢字表記で、外国の方など日本語や漢字を知らない方にはとてもわかりにくいものになっていました。それが点の数で表示するという方法に変更されています。

アイロンマークは今までと同じくアイロンの形をしています。その中の点の数で「高・中・低」を判断します。「高=・・・」(点3つ)、「中=・・」(点2つ)、「低=・」(点1つ)となっていて、アイロンの上に×印がついているものはアイロンが使えません。「・・・」は200℃を限度、「・・」は150℃が限度、「・」は110℃を限度にスチームなしでアイロンが使えます。

この洗濯表示を確認してからアイロンをかけることで、いつもよりきれいに仕上がります。

そして衣類の生地によっては、アイロンをかけるとテカりが出てしまったりして失敗してしまうこともありますが、それを防ぐ事もできます。


 

クリーニングに出す?自宅で洗濯?洗濯マークで判断する方法

衣類の中にはおうちでお洗濯できないものもあります。でもついできそうな気がしてしまって洗濯してみると、縮んでしまったりしわになってしまったりと失敗がつきものです。特にお気に入りの衣類やちょっと奮発して勝った衣類はどうしようか判断に迷ったりすることも多いですよね。そんな時も洗濯マークをチェックしてみてください。洗濯マークのついたタグに、○の中にPまたは○の中にF、そして○の中にWがあるものがあった時、その衣類はクリーニング店にお願いすることをお勧めします。

こちらはクリーニング店でも衣類を洗濯するときに必要な情報が含まれています。まずPとFはドライクリーニングについて示されています。Wはウェットクリーニングです。どちらも×がついているものは、ドライクリーニングまたはウェットクリーニングはできません。

このマークがついていないものでしたら、お家でお洗濯ができるということになります。

お家でお洗濯をする際にも必ず洗濯マークをチェックしてください。洗濯マークの中には洗い方・干し方が示してあります。これらを守ってお家でお洗濯するとより安心してお洗濯できます。

スポンサーリンク

 

ドライクリーニングとウェットクリーニングの意味は?洗濯マークで見てみよう

クリーニング店でのお洗濯方法に、ドライクリーニングとウェットクリーニングがあります。この2つの大きな違いは、水で直接洗うか洗わないかという違いです。ドライクリーニングは字のごとく水を使わず、蒸気や揮発性溶剤を使って汚れを落とす洗濯方法です。

ドライクリーニングの洗濯マークは大きく2つあります。まず○の中にPと書かれているもの。こちらはパーチクロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができることを表しています。○の下に線が引かれているものは弱いドライクリーニングなら可能です。もう一つは○の中にF。こちらは石油系溶剤によるドライクリーニングができることを表しています。こちらも同じく○の下に線が引かれているものは弱いドライクリーニングができることを表しています。

対してウェットクリーニングの表示は○の中にWが書かれているものです。○の下に線が一本のものは弱い操作によるウェットクリーニングが可能で、○の下に二本の線があるものは非常に弱い操作によるウェットクリーニングが可能です。

もしクリーニング店にお願いするときに聞かれたときは参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。いつもあまり気にすることのない洗濯マークですが意識して確認してお洗濯をすることで、お気に入りに衣類を長くきれいに使うことができますよ。クリーニング店に出すべきか、家で洗濯するべきか悩んでしまう衣類も洗濯マークを見て判断することで、クリーニングの回数が減り、節約にもなるかもしれません。

ややこしいと思われがちな洗濯マークですが、アイロンのマーク、桶のマークなど一度覚えてしまえば意外と簡単です。意味が分かると洗う時の洗剤選びの参考にもなります。ぜひ洗濯マークを気にして、クリーニング店にお願いするときや、おうちでのお洗濯に生かしてみてください。