セディナカードは三井住友銀行のSMBCグループである株式会社セディナが発行するクレジットカードです。セディナカードは様々な企業と提携しており、例えばスーパーマーケットのイオングループやコンビニ大手のセブンイレブン、家電量販店のエディオン、旅行代理店のJTBやJR東海、家電量販店のエディオン等があります。これらの提携企業のセディナカードを発行することにより、各店舗で特典が受けることができる場合もあります。

スポンサーリンク

 

セディナカードのポイントサービス

飲食店やショッピングでの支払にセディナカードを利用すると、「わくわくポイント」が貯まります。わくわくは月間の利用金額200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。年間50万円以上の買い物をした場合は金額およびカードの種類(一般カード、プラチナカード、ゴールドカード等)に応じてポイント還元率が1.1~1.6倍に上がります。

貯まったポイントは色々な商品に交換することができます。なお、ポイントの有効期限は付与から2年間で、2年以上経過すると貯まったポイントは失効してしまいます。


 

ポイント交換方法と交換商品

ポイントの確認や交換は、インターネットまたは電話(自動音声サービス)で行うことができます。ポイント数の確認だけの場合は、毎月の利用明細にも記載されています。

インターネットの場合は「セディナビ」にアクセスし、ユーザーIDとパスワードでログイン後に「わくわくポイント照会・交換」から確認・商品交換が可能です。電話の場合は交換先として商品券か寄付しか選べませんので、他の商品に交換したい場合はセディナビを利用してください。

セディナビの「わくわくポイント照会・交換」から交換できる商品は大きく分けると6種類あり、食品や家電などのグッズ、nanacoカードやVJAギフトカードなどの商品券、nanacoポイントやJALマイルなどのポイントサービスやマイル、日本ユニセフや日本赤十字への寄付、口座へのキャッシュバック、抽選への応募から選ぶことができます。

グッズは1000ポイント以上から交換可能で、15000ポイント以上になると空気清浄器やオーブントースター、IH炊飯ジャーや折り畳み自転車など高額な商品を手に入れられます。

商品券の交換には基本的に手数料として500ポイントがかかりますが、nanacoカードやドトールバリューカード、Amazonギフト券など一部の商品券は手数料が無料になっているものもあります。

各種ポイントやマイルへの交換は手数料はかかりませんが、申し込みから交換までには10日前後かかる場合があります。寄付についても手数料は無料で、神戸市へのふるさと納税をわくわくポイントで納めることも可能になっています。

口座へのキャッシュバックは、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座の場合は1000ポイントで800円、それ以外の口座の場合は1000ポイントで700円のキャッシュバックを受けることができます。交換手数料はセディナが負担しますが、交換率を考えるとnanacoカードやドトールバリューカードや各種ポイントサービスへの交換の方がお得になります。

抽選への応募は1口300ポイントと他の商品への交換と比べて少ないポイント数から利用することができます。運が良ければ300ポイントで高級ディナーの招待券が当たるかもしれませんが、外れた場合も応募に使用したポイントはもちろん失効となりますので、他に使い道のないポイントが余っている場合に応募するといった方法が良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

チケット最速先行 LEncoreカードについて

セディナでは、ローソンチケットの先行予約や割引購入ができる「LEncoreカード」というクレジットカードを発行しています。このカードは年会費として1500円必要ですが、コンサートチケットやスポーツ観戦チケットなどを通常よりお得な価格で予約できたり、最速の先行予約に参加できたりというメリットがあります。なかなか手に入らないレアなチケットを購入したい場合や頻繁にローソンチケットを購入する機会がある人は、LEncoreカードをうまく利用するとかなりの恩恵を受けることができそうです。

 

セディナカードの解約方法

セディナカードは年会費がかからないカードもありますが、クレジットカードを使わなくなった場合は紛失や悪用を防ぐために解約しておいたほうが良いケースもあります。解約は電話で受け付けており、基本的にはセディナカードの裏面の電話番号へ解約を申し出ることで手続きが可能です。なお、解約手続きを行うと貯まっていたわくわくポイントが失効となりますので、交換したい商品がある場合は解約前に交換手続きを行うよう注意してください。なお、解約後もセディナビへのログインや利用代金明細の照会やメールアドレスの変更等、一部の手続きは可能となっています。

 

まとめ

セディナカードは主婦や学生でも作ることができる、比較的発行しやすいクレジットカードです。これまでにクレジットカードを持ったことがない人も安心して入会できますので、迷っている人はセディナカードの公式サイトを一度確認してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク