大手町駅は、東京都心の地下を走る路線の駅でも、非常に大きな駅の一つです。

東京メトロは丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、東西線に、都営地下鉄では都営三田線に停車駅を構えています。

そうした5つの路線の乗り継ぎを行っている大手町駅はどのような構内になっているのか、コインロッカーや出口はどのあたりにあるのか、そして池袋駅へのアクセスについて解説をいたします。


 

大手町駅の構内図

東京メトロや都営地下鉄のウェブサイトを見てみると、大手町駅の立体構内図は、一見とても複雑そうなつくりに見えます。

なんといっても5つの路線の乗り継ぎを行っているのですから、それぞれの乗り場が縦横に組み合わされているようになっています。

最も地上に近い地下1階には千代田線、丸ノ内線、都営三田線が走り、地下2階を経て最下層の地下3階には半蔵門線と東西線が走っています。

また、地下3階にはJR東京駅への連絡通路があり、地下鉄のターミナルだけではなく、JRへのアクセスも兼ね備えている駅であると言えます。

地下1階の通路にはコンビニエンスストアのナチュラルローソンが、そして地下1階の改札近くにはATMもあるので、地下鉄への乗車前や、乗車後の買い物やお金の入出金などにも困ることはありません。


 

大手町駅のコインロッカーや出口

オフィス街の中心に位置する大手町駅には、あると便利なコインロッカーももちろん備わっています。

地下1階では、千代田線と都営三田線方面の通路と、丸ノ内線の改札方面にある地下2階へのエスカレーター付近、丸ノ内線の改札を入ったところにコインロッカーがあります。

半蔵門線を利用する場合は、丸ノ内線に近いエスカレーター付近のコインロッカーが便利です。

地下2階では、地下3階の東西線へのエスカレーター付近にコインロッカーがあります。

また、大手町駅の出口は、大きくA、B、C、D、Eの5つのゾーンに分かれます。

その中でも、目的とする場所がどこにあるか、ホームの看板や構内図を参考にあてはまる番号の出口を目指すことになります。

千代田線と都営三田線に近い出口はC、Dとなります。

三井住友銀行本店ビルや読売新聞東京本社などはCの出口からの最寄になります。

日本生命丸の内ガーデンタワーなどはDの出口からの最寄になります。

半蔵門線、丸ノ内線に近い出口はAとなります。

逓信総合博物館や、NTT大手町ビルはAの出口からの最寄になります。

東西線に近い出口はBとなります。

JR東京駅方面への連絡通路もあることから、Bゾーンの出口からJR東京駅八重洲口に向かうことも可能です。

最後に、Eゾーンの出口は、丸ノ内線と半蔵門線の通路に近いところにあり、AゾーンとCゾーンの中間地点であることから、どちらへでも向かうことが可能となっています。


 

大手町駅から池袋駅へのアクセス

人気の街である池袋駅へのアクセスを利用する人も多い大手町駅ですが、池袋駅まではどのように行けばよいのでしょうか。

池袋駅までは丸ノ内線を利用することになります。

所要時間は約15分で、運賃は大人200円、小児100円になります。

終点が池袋駅になるため、池袋行の地下鉄に乗ることで、乗り換えなしでたどり着くことができます。

時刻表を見てみると、およそ3~4分おきに電車が来るため、1本乗り過ごしてもあまり気にせずに次を待つことができると言えます。

池袋駅へ向かう大手町駅の時刻表は、東京メトロのウェブサイトで確認することはもちろん、携帯やスマートフォンからナビタイムなどで検索することも可能です。

もしもほかの路線から大手町駅に乗り換え、池袋駅へと向かうのであれば、スタートの駅からの乗り継ぎ案内で検索するとスムーズです。

 

まとめ

以上が、東京メトロ・都営地下鉄の大手町駅の構内、コインロッカーと出口、池袋駅へのアクセスの解説になります。

東京都心部の地下鉄は、駅同士がJRや他の地下鉄路線と密接している場合がよく見かけられます。

大手町駅の出口を見ても、大きく5つのゾーンに分かれているとはいえ、それぞれのゾーンから向かう目的地が同じであることも多いものです。

もしも出口に迷ってしまったとしても、目的地までたどりつける可能性が極めて高いと言えるため、あまり不安になることはないようです。

また、JR東京駅での混雑や、電車への乗車を次々と見送る状況を避けるために、連絡通路を活用する人々もいます。

5つの路線の乗り継ぎを行っているため、仮に1つの路線で何か運行上のトラブルが発生したとしても、代替えで別ルートを利用することもメリットであると言えます。

ビジネス街の中心部であるため、どこへでも行きやすいアクセスの利便性を持っているのが大手町駅の特徴です。

気分転換もかねて、普段利用しているルートを別路線で利用してみることで新たな発見を楽しむ利用者もいます。

大手町駅は、ビジネスのみならず、観光においても、その特性は大いに活かされていると言えます。