結婚式など、お祝いごとに出席しなければならない機会というのは、大人になると、増えていくものです。ご祝儀袋などには、マナーや決まりごとが多く、若いうちは、先輩や家族など、周りの人に聞いて確認すればよいですが、年齢を重ねると、そういうわけにもいきませんよね。今回は、そういった、お祝いごとについて、書いていきたいと思います。いざというときに、困ってしまわないように、しっかり学んでおきましょう。


 

ご祝儀袋について知りましょう

ご祝儀袋で、悩みがちなのが、お金の入れ方です。まずは、より理解を深めるために、ご祝儀袋そのものについて、説明していきたいと思います。

ご祝儀袋は、ほとんどの場合に、購入すると、上包みと中袋、もしくは中包みがセットになっています。上包みは、ご祝儀袋の、1番外側の包みのこと。中袋は封筒、中包みは半紙サイズの紙を折ったもののことです。

もし、購入したご祝儀袋に、中袋や中包みがついていなかった場合は、白地の和紙などで、お金を包むようにしましょう。どうしても、和紙が用意できないときは、コピー用紙で包んでもよいとされています。

 

お金の入れ方、について知りましょう

ご祝儀袋について知識を得たところで、いよいよお金の入れ方について説明していきます。

まず、重要なのが、ご祝儀には、新札を用意することです。お祝いの気持ちを表現するために、しっかりと新札を包むようにしましょう。

新札を用意する方法はいくつかあります。1つ目は、銀行で両替する方法です。両替時に、用紙の備考欄に、新札と記入しましょう。銀行によっては、新札に両替できるATMもあるようです。2つ目は、郵便局で両替する方法です。窓口にて、新券に両替してほしい旨を伝えましょう。

新札と似た言葉に、ピン札というものがあります。混同しやすい言葉ですが、実はこの2つ、同じものではなく、微妙な違いがあります。新札は、発行されてから未使用の新券のこと。対して、ピン札は、使用されているものの、折り目のないお札のことです。きれいなピン札ならば、ご祝儀袋に包んでもよいとされているので、気にすることではないかもしれませんが、一応、知識として知っておくと、よいかもしれません。

さて、新札を用意したら、ご祝儀袋にいれます。しかし、ここで無造作にいれてしまってはなりません。ご祝儀袋には、お札の向きも決まっています。

ご祝儀袋の中袋の表と、お札の表、つまり肖像画が描かれている面を合わせて、袋を開けたときに、肖像画が最初に出る向きに入れるのがマナーです。きちんと、確認するようにしましょう。

また、中袋の折り方にも注意が必要です。基本的には、購入したときに、既に折られているので、お札を入れた後に、その通りに戻すだけで大丈夫です。できるだけ丁寧に扱い、どのように折られていたかを思い出せるようにしておきたいですね。

次に、上包みの折り方です。ご祝儀袋の場合は、袋の上の折返しに、下の折返しを重ねます。もし、この重ね方を逆にしてしまうと、不祝儀袋の折り方になってしまいます。もちろんマナー違反ですし、大変失礼なので、上包みの折り方には、特に注意する必要があります。

最後に、袱紗についてです。袱紗とは、ご祝儀袋を包むものです。包み方は、袱紗の中央にご祝儀袋を置き、左、上、下、右の順番で中央に向かって折ります。色は、お祝いごとにも、お悔やみごとにも使える、紫を使用するとよいでしょう。他にも、赤系の色もよいです。ちなみに、お悔やみごとならば、藍色や灰色などの色を使用します。間違っても、お悔やみごとの色の袱紗は使わないようにしましょう。


 

ご祝儀袋への名前の書き方について知りましょう

1名のみの場合

水引の下に、フルネームで名前を記入します。くっきりはっきりと書きましょう。また、寿などの、表書きの名目よりも少し小さめに書くということも、覚えておきましょう。

2名の場合

主に夫婦で渡すときに、この書き方になりますね。この場合は、右側に夫の名前を、左側に妻の名前を書きます。名字は、どちらにもつけて大丈夫です。

3名の場合

3名のときは、目上の人の名前を、1番右側に書き、その後は左へ順に、名前を書きます。友人同士で送る場合は、五十音順に、右側から書いていきましょう。

4名以上の場合

連名にはせず、代表者の名前を中央に書き、左側に外一同と付け加えます。そして、別紙に、全員の氏名を書いて、中包みに同封するとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

長寿のお祝いについて知りましょう

お祝いごとは、結婚式だけではありません。長寿のお祝いも、重要な出来事です。長寿のお祝いには、60歳の還暦、70歳の古稀、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿があります。

それぞれ、ますます若返って、これからの人生を楽しんでもらえるような品物を贈りましょう。還暦ならば、男性にはスポーツウェアなど、女性にはピンクのブラウスやセーター、口紅などがよいでしょう。古稀以上になってくると、ゆとりにつながる茶器や日傘、座椅子などを送るとよいですね。趣味がある方ならば、その趣味に使えるものを送るのも喜ばれます。

もし、お祝い金を包む場合は、両親に対してならば、5万円ほどが一般的と言われているようです。

まとめ

今回は、お祝いごとのマナーについて、説明していきました。初めにも書きましたが、お祝いごとというのは、年齢を重ねるごとに、増えていくものです。きちんとマナー、決まりごとを知ることで、いざというときに、焦らずにすみますよね。マナーをしっかり守り、そしてなにより、おめでとうという気持ちを持って、大切な方の新たな人生の門出をお祝いしましょう。