Mode

脳内メーカーあたる理由。相性や前世について

脳内メーカーとは、名前を入力するだけで“脳内イメージ“が分かるというサービスになります。

10代を中心に脳内メーカーは人気があり、2007年6月にサービスが公開されてから約3ヶ月程で4億5000万回のアクセスがあり、約1ヶ月後の10月には5憶万回アクセスを突破するほど人気があります。

では、そんな脳内メーカーについて詳しくご紹介します。

 


 

脳内メーカーの種類

脳内メーカーには4種類のサービスが存在します。

1つ目は“脳内メーカー“です。

脳内メーカーは初版で脳内の様子を知ることができます。

2つ目は“脳内フェチメーカー“です。

脳内フェチメーカーは名前を検索した人の色々なフェチを知ることができます。

3つ目は“脳内相性メーカー“です。

脳内相性メーカーは2つの名前から2人の相性を知ることができます。

4つ目は“前世の脳内メーカー“です。

前世の脳内メーカーは前世の脳内イメージを知ることができます。

4つの脳内メーカーがあるので複数人で行えば盛り上がること間違いなしのサービスです。

また、こっそりと気になる異性との相性を検索しても楽しいかもしれません。

無料で利用できるサービスというのも魅力的です。

 

脳内メーカーがあたる理由とは?

脳内メーカーは占いでも診断でもありません。

というのも、脳内メーカーでは統計学といった学術的な要素は一切使われていないのです。

そのため脳内メーカーのサービス上でも“脳内メーカーでは統計学といった学術的な要素はありません“といったような注意事項が記載されています。

脳内メーカーは結論から言えば良くも悪くも“当てずっぽう“ということです。

検索された名前からランダムに結果を引き出しています。

占いや診断でもなく、当てずっぽうの結果であっても「私のは凄く当たっていた」「俺と彼女の相性がめちゃくちゃ良かった」と思う方も多く居るはずです。

なぜなら脳内メーカーが当たる理由は“バーナム効果“を利用しているからです。

バーナム効果とは、誰にでも当てはまる曖昧な表現をしたり、一般的な性格を表す表現をすることで検索をした方は「当たっている!」と思い込むのです。

例として挙げるのであれば占いで「緑のハンカチがラッキーアイテム」と出て半信半疑で緑のハンカチを持ち歩いた時に大小に関係なく自分にとって良いことが起きると人は「緑のハンカチのおかげかな?」と思い込みます。

占いが最下位だった時に大小に関係なく自分にとって良くないことが起きたり、雨が降っているなどが起きると「占いが最下位だったからだ…」とほとんどの方が思い込みます。

占いの結果を知らなければ大小に関係なく自分にとって良くないことが起きたとしても人は特に何も思いません。

それと同じで脳内メーカーの診断結果はバーナム効果はもちろん、“思い込み“という部分でもあります。

そのため脳内メーカーの診断が当たると言われています。

 


 

相性脳内メーカーってどうなの?

相性脳内メーカーは2つの名前を入力して検索をすると2人の相性を知ることができます。

よくある“相性90%“などという結果ではなく、脳内いっぱいに漢字がびっしりと書かれている画像が表示されます。

例えば夫婦で“山田花子に対する山田太郎“で検索をかけた場合「大好」と「大嫌」という漢字で脳内がいっぱいになったとします。

そして奥様の旧姓で“田中花子に対する山田太郎“と検索をかけた場合「愛」と「好」という漢字で頭がいっぱいになります。

同一人物なのに違う結果が出るということは診断結果に対して真に受けなくてもよいうということです。

脳内メーカーはあくまでジョークツールのため相性があまり良くなくても落ち込む必要は一切ありません。


脳内メーカーの前世って?

脳内メーカーには“前世の脳内メーカー“というサービスがあります。

前世の脳内メーカーでは検索する名前の人の前世が何だったのかを知ることができます。

ピンポイントで“猿“などという診断結果が出るのではなく、脳内に「熊」「チーター」「ゴリラ」「イルカ」などと複数個の動物の名前が表示されます。

脳内メーカーはジョークツールでもあるので話のネタとして前世の脳内メーカーを使用すると盛り上がること間違いなしです。

前世の診断結果が出た後に「チーターってどんな性格なんだろう?」「ゴリラってどんな生活をしているんだろう?」などと詳しく性格や主な生活をネットで検索してみるともっと前世の脳内メーカーを楽しむことができます。

 

脳内メーカーはあくまでジョークツール

脳内メーカーはどのサービスも無料で使うことができるサービスになります。

診断結果をTwitterで共有することもできます。

脳内メーカーはバーナム効果を利用したサービスなので診断結果を全て受け止めるのではなく、「こんな感じだったら面白いな」といったフランクな気持ちでサービスを利用することをオススメします。