Facebookユーザーにとってはより便利に使えるツールとして「メッセンジャー」を導入することをオススメします。以前はFacebookアプリ自体に含まれていた機能でありますが、現在はメッセージ機能を強化した形で独立アプリ化しておりあらゆる便利機能が搭載されています。


 

メッセンジャーアプリのダウンロードと設定

既にFacebookユーザーであるという方も、メッセンジャーを使うにはまずアプリをダウンロードする必要があります。iPhoneの場合はApple Storeでandroidの場合にはGoogle Playからダウンロードが可能です。

メッセンジャーという名称を使ったアプリは他にもありますので、間違いのないようFacebookのメッセンジャーアプリをダウンロードしましょう。

インストールをして起動しますとアカウントを所持しているかを確認されますので、所持している方はFacebookのログインを。所持していない場合は新たにFacebookアカウントを取得しましょう。このあと、メッセンジャーとスマートフォンの連絡先を同期する事や、ご自身の電話番号を登録することも可能ですが、繋がりたくない人とも繋がってしまうという事もありますので、後からじっくりと考えて同期設定をするのも良いでしょう。

 

メッセンジャーの使い方

では次に具体的な利用方法について説明しましょう。まずはメッセージを送りたい友達を検索します。画面の一番上に検索画面がありますので、ここにお友達の名前を入力して探します。見つかりましたらメッセージの入力です。送りたい相手が決まりましたらチャット画面に移行されます。一番下にテキストの入力画面がありますので、そこを利用して文字を入れたり顔文字を追加するなどし、会話がスタートします。画面の右側はご自身が送信したメッセージで、左側はお友達からのメッセージです。

やり取りをする事にメッセージは流れて行き新しいメッセージは一番下となります。写真や動画、ファイルのやり取りも可能です。そしてお相手がそれを読んだかどうかを確認する方法は、メッセージを長押しすると右下に未読あるいは既読と表示されます。

もしも入力ミス等で送信したものを削除したい場合、削除したいメッセージ部分を長押しします。ポップアップ画面が表示されますので、右下にあるゴミ箱マークをタップすると削除完了です。

なお、メッセージが既読状態であった場合にはお相手に間違えたメッセージが伝わってしまった後ですので、「間違えました」等の訂正メッセージを入れておくと良いでしょう。

その他、位置情報の共有やオンラインの複数の友達とのグループチャットなどバラエティー豊かな使い方が可能です。


 

既読を付けない方法

他のメッセージアプリでもありがちな既読スルーでのトラブル。相手に読んだことが伝わるとすぐに返信しないと返事の催促が来るなど経験ありませんか?メッセンジャーでは既読マークを消すという機能がありますので紹介しましょう。

まずメッセージのボタンを押し、過去のメッセージ一覧を表示します。メッセージの右上にある○のボタンにカーソルを合わせますと「未読にする」という表示がなされますので、それをタップするだけです。動作自体はほんの数秒で行えるものの、メッセージの受信時にたまたま相手がオンラインで既読表示を一度見てしまうという可能性もゼロではありませんので、それだけは知っておきましょう。

 

ブロックの仕方

スパムメッセージを送りつけてくる人や、もうメッセージやり取りをしたくない相手などがいましたらブロック機能を使いましょう。まずブロックしたい相手とのメッセージやりとりが記載されているチャット画面を立ち上げます。上部にある名前をタップしてみると、お知らせや音声通話など幾つか表示が出てくるのですがその一番下に「ブロック」というのがあります。これをタップしますとさらに「すべてのメッセージをブロック」と出ますのでさらにタップしましょう。これでブロック完了です。

ブロックされた場合は、あなたへメッセージを送ることや音声通話、ビデオ通話をすることが出来なくなります。なお解除も可能で、設定画面からユーザーをタップし、ブロック済みのリストから解除したい相手を選ぶだけでOKです。

ちなみに、メッセンジャーでブロックをしてもFacebook上ではブロックしたことになりませんので、引き続きそちらでは「いいね」やコメントを送るなどが可能となっています。完全にシャットアウトしたいという場合にはFacebook側でもブロックを行いましょう。


 

まとめ

このように、メッセンジャーには様々な便利機能が含まれておりますので、プライベートはもちろんグループチャットなどを活用してビジネス利用をしているという方も数多くおります。

特に普段からFacebookを利用しているのでしたら、このメッセンジャーアプリを合わせて活用するとより便利に楽しくなる事でしょう。