年金と言えば、一番先に思い浮かべるのは厚生年金や国民年金に加入していた人が65歳以上になると支給される「老齢年金」かもしれませんが、同じく公的な年金として「障害年金」という制度があります。ここでは障害年金について解説していきます。


 

障害年金と受給要件

障害年金とは、その名称が表すとおり怪我や病気などの障害によって仕事や生活ができなくなった人に対して支給される年金制度です。障害年金は、国民年金または厚生年金に加入している人であれば請求することができます。障害年金のうち、国民年金に加入している人は「障害基礎年金」、厚生年金に加入している人は障害基礎年金に加えて「障害厚生年金」が支給されます。なお、年金制度は基本的に20歳になると自動的に加入対象となりますが、20歳未満でも障害基礎年金を受給することは可能です。ただし、支給時期は本人が20歳に達してからとなります。

障害年金を受給するためには、もちろんどんな怪我や病気でも可能というわけではありません。先に書いたとおり、まず国民年金や厚生年金に加入していることが前提で、怪我や病気が法律で定められた障害等級表の1級・2級に該当することが要件です。なお、厚生年金加入者は1・2級に満たない怪我や病気の場合でも、3級の障害厚生年金を受給することが可能です。

障害基礎年金・障害厚生年金を受給するためには更に2つの要件のうちいずれかに該当している必要があります。1つ目は、「初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること」、2つ目は「初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと」です。初診日の時点で20歳未満の場合はこれらの要件をクリアしている必要はありません。

なお、障害厚生年金の場合は初診日から5年以内に怪我や病気が治り、障害厚生年金を受けるよりも軽い障害が残った場合には「障害手当金」という一時金を受給することができることがあります。


 

障害年金で受給できる金額

受給できる金額は、怪我や病気が1級2級のいずれに該当するか、また子の年齢や人数によって変わります。

障害基礎年金については平成30年4月分以降、1級の場合は「779,300円×1.25+子の加算」、2級の場合は「779,300円+子の加算」の金額が年金額として支給されます。子の加算の「子」とは、18歳に到達していない、18歳になった年度の3月31日をを過ぎていない子を指します。また、20歳未満で障害等級1級・2級の障害者についても「子」に該当します。これらの「子」が第1子、第2子であればそれぞれ224,300円、第3子以降であればそれぞれ74,800円が加算されます。

障害厚生年金は、報酬額から算出される報酬比例の年金額や怪我・病気の等級(1~3級)によって金額が異なります。1級の場合は「(報酬比例の年金額) × 1.25 + 〔配偶者の加給年金額(224,300円)〕」、2級の場合は「(報酬比例の年金額) + 〔配偶者の加給年金額(224,300円)〕」、3級の場合は最低保障額584,500円となります。1級・2級の場合に加算される「配偶者の加給年金額」とは、障害厚生年金を受給する本人によって生計が維持されている65歳未満の配偶者がいる場合に加算される金額です。


 

申請方法

障害年金を請求するには「年金請求書」に必要事項を記入し提出する必要がありますが、障害基礎年金と障害厚生年金とでは書式が異なります。いずれの書式も年金事務所や年金相談センターで入手することができますが、障害基礎年金の場合は役場でも入手可能です。

他に必要な書類は年金手帳、戸籍謄本や住民票、医師の診断書、受診状況等証明書、病歴・就労状況等申立書、年金を受け取るための金融機関の通帳やキャッシュカード、印鑑です。また、上記で説明した「子」がいる場合は戸籍謄本、世帯全員の住民票、学生証、子に収入がある場合は収入が確認できる書類、子が20歳未満で障害がある場合は医師または歯科医師の診断書が必要になります。その他、怪我や病気が第三者の行為によって生じたものである場合は交通事故証明等の書類が必要です。提出先は障害基礎年金の場合は役場、但し初診日が国民年金第3号被保険者期間中である場合は年金事務所への提出となります。障害厚生年金の場合は年金事務所へ提出してください。

 

障害年金の受給期間と更新方法

障害年金の受給が決定すると、「年金証書・年金決定通知書」が交付されます。この通知書に、次回の診断書提出年月が記載されています。この期間までは受給することが可能で、ほとんどは1年~5年後に設定されています。更新年月がない場合は受給者が死亡した月の分まで継続的に受給することができます。受給期間中は定期的に所定の書類を提出する必要がありますが、必要な書類は誕生月や毎年7月に日本年金機構から送付されてきますので、指定された期限内に必ず返送してください。期限内に提出した場合でも、診断書の内容によっては障害年金の支給が終了となる場合もあります。

 

まとめ

障害年金は思わぬ怪我や病気で働けなくなり生活ができなくなった人をサポートするための重要な制度です。今は元気でも、いつ事故に巻き込まれたり病気になったりするかは誰もわかりません。実際に障害を負ってから障害年金のことを調べるのは大変ですので、今のうちに障害年金の制度について詳しく調べておくことをおすすめします。