Mode

ホットケーキミックスとは?レシピ、カップケーキやパウンドケーキ、炊飯器レシピについて

ホットケーキミックスとは、美味しいホットケーキを焼くために必要な材料があらかじめミックスされている粉末です。小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーなどがベストの比率で調合されています。ホットケーキ以外のお菓子やお料理などもホットケーキミックスを使うことで簡単に作れます。今ではホットケーキよりもアレンジレシピを作るために欠かせないという人もとても多いかと思います。


 

ホットケーキミックスを使ったレシピ

ホットケーキミックスを使ったレシピをいくつか紹介したいと思います。お菓子作りはちょっとした材料のバランスの崩れで、失敗してしまうため、お料理と比べても、「めんどくさい」「苦手」と嫌煙してる人は多いと思います。しかし、ホットケーキミックスは、あらかじめ良い味になり、良い感じに膨らむように配合されているわけですから、そういった人でも上手にお菓子を作ることができる、いわば魔法の粉なのです。粉類を計量する手間も省けますので、時短にもつながります。

《パウンドケーキ》

ではまず、ノーマルなパウンドケーキから紹介いたします。

パウンドケーキは小麦粉や砂糖やバターを練り合わせて作るのが基本ですが、ホットケーキミックスを使うと実に簡単に作ることができます。

卵2個とサラダ油大さじ6、牛乳大さじ5、砂糖大さじ8、ホットケーキミックス200グラムを混ぜ合わせます。

プレオ180°で予熱したオーブンに入れ、30分焼き上げます。

お好みで紅茶の葉っぱ、ドライフルーツなどを加えるとさらに味わいが深くなります。サラダ油をバターに変えると、より濃厚で高級感のある味に変わります。

《カップケーキ》

カップケーキの基本のレシピについて、紹介いたします。

ホットケーキミックス200グラム、砂糖40グラム、バター70グラム、牛乳20グラム、卵を二つ用意します。

室温に戻しておいたバターと砂糖を混ぜます。そこに牛乳と卵を加えます。そこにホットケーキミックスを加えます。粉っぽさがなくなるまでヘラで丁寧に混ぜ合わせていきます。

カップケーキの型に、 6割ぐらい流し込んでいきます。

オーブンを170度で予熱した後、15分ぐらい焼きます。表面はカリッと、中はふんわりとしたカップケーキが出来上がります。

お好みで小さく砕いたチョコレートや、パイナップルなどの缶詰、すりおろしたりんご、コーヒーなどを入れると豪華なカップケーキとなります。

また焼きあがったカップケーキに生クリームを絞るのも美味しそうですね。

《炊飯器を使ったケーキ》

最近では、お菓子作りに炊飯器を利用する人がとても多いです。ホットケーキミックスと炊飯器の相性はとてもよく、お菓子作りが苦手と言う、かなりずぼらな人でも簡単に美味しくスイーツを作ることができます。

炊飯器を使ったケーキのレシピを紹介したいと思います。

炊飯器を使ったケーキで一番定番といわれているのはバナナケーキです。

炊飯器の内釜に薄くサラダ油を塗っておきます。この工程を忘れると、ケーキが釜からはがれなくなってしまうので忘れないようにしてください。

バナナ二本を1 CM の厚さに輪切りにしておきます。バナナを炊飯器の内釜の底に、敷き詰めていきます。

ボールに卵2個をわり入れてハンドミキサーで泡立てます。砂糖大さじ2も入れて、混ぜた後、牛乳120ccも加えて混ぜ合わせます。

最後にホットケーキミックスを200 グラム入れ、ゴムベラで混ぜ合わせます。

完成した生地を、炊飯器に流し込みます。底をトントンとスカイ打ち付けて、空気を抜き、生地を平らにします。

炊飯器の早炊きコースを選択します。

炊き上がったら、竹串を刺してみて、中まで火が通っているかどうか確認します。まだ生焼けであるようでしたら、もう一度炊飯スイッチを押してください。

オーブンで焼いたケーキとはまた違うしっとりもっちりとしたケーキが完成します。



ホットケーキミックスの歴史

ホットケーキミックスはいつから日本にあったのでしょうか。

ホットケーキミックスの歴史について触れていこうと思います。

ホットケーキミックスは日本で初めてのものはなんと大正12年と言われています。

この頃は日本に西洋の文化がちょうど広まりつつあった頃で、東京のデパートの食堂で提供されるようになったそうです。

そのご家庭で作るホットケーキミックスが発売されましたが、それほど普及はしませんでした。

しかし1957年に加糖タイプが販売されるようになってからは、一気に注目されるようになりました。それまで販売されていたものは無糖タイプだったのです。

そうして、各メーカーが競うように販売開始した結果、森永製菓がダントツで人気となりました。

今でもホットケーキミックスといえば、森永のイメージが強いですね。


まとめ

今や、お料理をするご家庭のキッチンには必ずと言って良いほど、常備されてあるホットケーキミックス。使い方次第で、まだまだバリエーションが広がっていきそうですね。