お好み焼きと言えば関西風や広島風、モダン焼き、もんじゃ焼きなどいろいろな種類がありますがそれぞれの特徴や作り方、気になるカロリー、オススメの具材等を紹介していきます。


 

お好み焼きの種類と特徴、作り方について紹介

関西風お好み焼き

薄力粉を和風だし汁で溶きその中にキャベツやイカ、エビ、などの具材を入れて混ぜ合わせて一緒に焼いていきます。

焼きあがったらソースを塗り、鰹節、青のり、マヨネーズをかけていただきます。

広島風お好み焼き

広島風お好み焼きは関西風お好み焼きとはちがい具材を混ぜ合わせません。まず生地のみを薄く焼きます。その上にキャベツの千切り、もやし、豚肉、焼きそば麺などをのせ、一番上に一番下と同じ薄く焼いた生地をのせます。出来あがったらソースを塗り、青のり、マヨネーズをかけていただきます。

モダン焼き

モダン焼きというのは簡単に言うと関西風お好み焼きの中に焼きそば麺が入っているお好み焼きです。しかし今では関西風お好み焼きと焼きそば麺を別々に焼き、お好み焼きの上から焼きそば麺をのせるという作り方や、お好み焼きで焼きそば麺を挟むといった色々な作り方があるのでお好みの作り方でいろいろな食べ方を楽しむのもいいです。

もんじゃ焼き

小麦粉を水に溶かしなめらかにした状態で色々な具材をいれ混ぜて焼いていくものです。関西風お好み焼きに比べるとだいぶゆるく水分が多い生地になります。

作り方があり、まず具材を入れしっかり混ぜ合わせます。混ぜ合わせたら具材だけを取り出し炒めます。炒めたらドーナツ状の「土手」を作ります。その土手の中に生地を流し込みます。その時に土手から生地が外に流れださないようにゆっくり慎重に流し込むのがポイントです。生地を流し込んだらそのまましばらく煮だたせます。ぽつぽつと煮だってきたら生地と具材を混ぜ合わせ小さなへらを使って橋の方からはがしとりながら食べていきます。もんじゃ焼きはもともと東京で始まった食べ物です。

スポンサーリンク

 

おいしいお好み焼きの気になるカロリーについて紹介

関西風お好み焼きは1枚でもずっしりとしていて粉だし腹持ちも良くカロリーも高めの印象がありますが、具材にもよりますがだいたい直径18㎝くらいのお好み焼きで約500kcalほどです。500kcalというと女性が一食あたりに必要とされているカロリー数よりも若干低めです。これは女性にとっても嬉しいです。また、キャベツやしょうが、ねぎなどお野菜もたっぷり入っているので栄養バランスも良く自分好みにカスタマイズできるのも嬉しいです。しかしソースやマヨネーズをかけすぎるとカロリーアップにつながるのでかける量の調節は必要です。広島風お好み焼きは焼きそば麺を使いますので約700kcalと関西風お好み焼きに比べて少しカロリーが高めになります。また、逆にもんじゃ焼きは小麦粉よりも水分の量が多いためなんと約300kcalを切るくらいだといわれています。

全体的にお好み焼きはイメージよりもカロリーが少なく、具材の選び方次第ではダイエットにも効果的だといわれています。キャベツをたっぷりいれると食感も増し栄養たっぷりでダイエットにもオススメです。また、お好み焼きには欠かせない豚肉もカロリーが高い印象がありますが実は豚肉には糖質を燃焼する働きがあるビタミンB1を豊富に含んでおり、油の多い部位を避ければダイエットにも向いています。また、もう一つ欠かせないのがたまご。たまごもコリンという栄養素が卵黄の中に含まれており中性脂肪の量を調節してくれる働きを持っています。


 

お好み焼きに入れるとおいしいオススメの具材ランキングを紹介

お好み焼きは定番の具材からいろいろと自分好みで自由自在にアレンジすることが出来とても楽しみながら食べることのできる食べ物です。

まず、定番の具材はキャベツ、豚肉、たまご、天かす、イカ、エビ等です。

ここからおススメする具材をランキング形式で紹介します。

1位 山芋 山芋はすりおろすとトロトロになり生地と混ぜ合わせて焼くと生地がとてもふわふわととても柔らかい食感を味わうことが出来ます。

2位 チーズ チーズの濃厚な味わいがお好み焼きにはよく合います。チーズと一緒にお餅を入れるのもおススメです。チーズとお餅の相性はとてもよくお餅を入れることでもっちりとした食感も味わうことが出来ます。

3位 ポテトチップスやベビースターラーメン お好み焼きにお菓子?と思いますが実はこのスナック菓子を砕いて生地にまぜることでサクッとした焼き上がりになってとってもおいしいです。ぜひ1度は試してみる価値はあると思います。

 

まとめ

他にもコーンや納豆などを入れると子どもでも食べやすいです。梅やしそ、明太子、キムチなんかを入れても大人風のお好み焼きが出来上がります。

このようにいろいろな具材をカスタマイズして自分好みのお好み焼きを作れるのがお好み焼きのいいところです。