JAバンクと言うと、農協に加入している農家の人たちだけが利用するものと思われがちですが、実は一般市民でも条件を満たすことで利用できます。

農協とは「農業協同組合」のことであり、「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字をとって「JA」と呼ばれています。

そして、JAバンクは農業協同組合(JA)・信用農業協同組合連合会・農林中央金庫の共同で運営されている銀行のことです。全国に約8,000の営業所があります。

スポンサーリンク

 

JAバンクからの借入における特徴

 

JAバンクからの借入には以下の特徴があります。

1.組合員

JAバンクから借入をするためには、「正組合員」もしくは「准組合員」のどちらかの資格が必要です。

組合員になるためには、出資金を納めなければなりませんが、出資金の条件は各地のJAバンクによって異なります。

例えば、一口の出資金が100円で最低100口以上というJAバンクがあれば、一口の出資金が5,000円で最高500万円まで出資できるというところもあります。

正組合員は農業を主な仕事としていなければなりませんが、准組合員についてはJAの営業エリア内に住んでいたり、仕事をしていたりすればサラリーマンでも加入が可能です。

なお、准組合員の出資金は通常、最低が1万円程度です。出資金は退会時に返還してもらえますが、借入期間中は退会することができません。

2.地域ごとの貸付条件

JAバンクは営業所によって貸付の条件が異なります。JAバンクは一つの団体ではなく連合体であるため、営業所によって事業内容が変わることから条件の異なることが少なくありません。

3.低い金利

JAバンクの貸付金利は非常に低くなっています。JAバンクは営利目的の組織ではないため、民間の金融機関や消費者金融よりも、格段に低金利で借入ができます。

 


ローンの種類(金利は地域によって異なります)

JAバンクが提供するローンには主に以下があります。

1.住宅ローン

条件としては以下などがあります。

・JAの組合員である。

・借入時の年齢が満20歳以上66歳未満である。

・前年度の年収が150万円以上である(自営業者は所得が150万円以上)。

・勤続(営業)年数が1年以上である。

・団体信用生命共済に加入する。

・保証機関の保証を受けられる。

金利は固定金利が0.6%で、変動金利型は0.8%です。

2.マイカーローン

・JAバンクの営業地区内に在住している、または勤務している。

・借入時の年齢が満20歳以上75歳未満である。

・継続して安定した収入がある。

・保証機関の保証を受けられる。

金利は年2.5%~年6.0%です(JAから自動車を購入する場合は金利を年0.1%引下げ)。

3.教育ローン

・JAバンクの営業地区内に在住している、または勤務している。

・借入時の年齢が満20歳以上65歳未満である。

・継続して安定した収入がある。

・保証機関の保証を受けられる。

金利は年2.5%~年5.5%です。

4.フリーローン

借入金の使途が自由になっています。申込条件は教育ローンとほぼ同じです。借入限度額は10万円以上300万円以内で、金利は年7.5%~年10.0%です。

5.カードローン

カードローンとフリーローンの主な違いは、フリーローンは1回ごとの契約ですが、カードローンは利用限度額の範囲内なら、何回でも自由に借入が可能です。

・JAの営業地区内に在住している、または勤務先がある。

・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満である。

・継続して安定した収入がある。

・JAとの間で既存のカードローンの取引がない。

・保証機関の保証を受けられる。

なお、年収150万円以上や、1年以上の勤続年数という条件を付けるJAバンクもあります。借入限度額は10万円以上500万円以内で、金利は年4.5%~年10.0%です。

保証機関の保証を受けるため、申込の際に担保や保証人は不要です。

JAバンクのカードローンは審査から貸出までに7~10日間がかかるため、急な出費のための新規契約には適しません。

それは、金利が低いことと、農家の出資金で運営されていることで貸倒れが許されないため、審査を厳しくしているからです。特にパート・アルバイトは審査に通ることが難しくなっています。

スポンサーリンク

 

JAバンクのカードローンの申込方法

JAバンクのカードローンは、公式WEBサイトからの申込ができます。ただし、契約する時は店頭に出向く必要があります。なお、カードローンを扱っていない営業所もあるため、事前の確認が必要です。

 

借入・返済方法

借入はATMから行い、返済は以下の2種類になります。

・約定返済:JAバンク口座からの引落し(要口座開設)

・任意返済:窓口、ATMで入金

ATMはJAのものだけではなく、他の金融機関や大手コンビニのATMも利用できます。

借入残高ごとの最低返済額は以下のように高めです。

・1万円以上50万円以下:1万円

・50万円超100万円以下:2万円

・100万円超150万円以下:3万円

ATMの手数料は出金、振り込み手数料ともに、JAバンクのATMは無料ですが、提携先のものは時間帯によって108円の手数料を取られます。

例えば、コンビニATMの場合、手数料無料の時間帯は以下になります(下記時間帯以外は108円)。

・平日:8:45~18:00無料

・土曜日:9:00~14:00無料

・日曜、祝日:無料時間帯無し

 

まとめ

JAバンクのカードローンは、大手銀行のカードローンより低い金利で借りられるというのが最大のメリットです。

ただ、准組合員になるための手続きが必要だったり、後で戻ってくるとはいえ、出資金を出したりしなければなりません。

借入までに日数がかかることなどから、余裕のある借入をする時に最適なカードローンと言えます。

 

スポンサーリンク