「外国人と結婚したいな」と思ったことがあるという方も少なくないかと思います。

女性が外国人と結婚をした場合、苗字や国籍がどうなってしまうのか知らない方が結構居ます。

また、外国人の女性と結婚をした男性の場合、子どもはがっつりなハーフになってしまうのかなど国際結婚に対して詳しくない方は考えれば考えるほど分からないことばかりです。

では、国際結婚についてご紹介します。


 

国際結婚に必要な手続き書類

国際結婚の手続きに必要な書類は基本的に婚姻届け、戸籍謄本、パスポート、婚姻要件具備証明書(外国籍の人が必要になります)の4つになります。

ですが自治体や婚姻届けを提出する役所等によって必要な書類が異なる場合があります。

もちろんこれら4つの書類は基本的に必要ですが、これに+何かの書類が必要な場合が稀にあります。

婚姻届けや戸籍謄本、パスポートについては分かる方がほとんどかと思います。

ですが婚姻要件具備証明書という言葉を耳にしたことがある方は少ないでしょう。

婚姻要件具備証明書というのは「結婚相手の外国人が独身であること」、「相手の国の法律で結婚することに問題がないこと」を証明する文書になります。

婚姻要件具備証明書が貰える場所は結婚相手の国の「在日大使館」もしくは「領事館」です。

ですが国によっては婚姻要件具備証明書を発行する制度がないこともあるのでその場合は大使館または領事館で代わりの書類の有無を確認してください。


 

国際結婚の手続きの流れ

国際結婚の手続きは日本でするのか、海外でするのかによって手続きの流れが異なります。

今回は日本で国際結婚の手続きをする場合をご紹介します。

日本の役所と海外の大使館・領事館の両方に届け出が必要になります。

流れとしては役所で戸籍を扱っている部課に行き、どんな書類が必要なのかを確認します。

婚姻要件具備証明書が発行されない国の場合は代わりに必要な書類を聞いておきます。

その後は海外の在日大使館に問い合わせをし、書類等について詳しく聞きます。

必要な書類が全て揃ったら市区町村役所の戸籍課窓口へ提出します。

提出した書類全てにミスがなければその場で婚姻届けが受理されます。

婚姻届けが受理されたら次は婚姻届受理証明書を発行してもらいます。

日本側での手続きが終わったら次はパートナーの国の大使館・領事館で結婚の手続きを行います。

そして最後に日本側で在留資格の変更申請を行ったら国際結婚の手続きは終了です。

日本側での手続きや、海外側での手続きがありすぐにすぐ婚姻届けが出せる・終了するというものではないためお互いのライフスタイルに合わせて婚姻届けの準備をするとスムーズに行うことができます。


 

国籍と名字

まずは国籍からお話します。

日本人男性と外国人女性が結婚すると日本人男性の戸籍は日本国籍のまま、外国人女性の戸籍は外国籍のままになり国籍に対しての手続きは不要です。

日本人女性と外国人男性が結婚をした場合は色々なバリエーションがあります。

パートナーになる方の国によって戸籍の手続きが不要・場合によっては手続きが必要・必ず手続きが必要のこれら3つのどれかになります。

“手続きが不要“の場合は外国人男性の戸籍は外国籍のまま、日本人女性は日本国籍のままとなります。

“場合にとっては手続きが必要“の場合は男性の国籍がフランスやタイなどの場合です。

この場合外国人男性の戸籍は外国籍のまま、日本人女性は何も手続きをしなければ日本国籍のままになります。

パートナーと同じ戸籍にしたい場合はパートナーの国の大使館・領事館に問い合わせをして変更してください。

そして“必ず手続きが必要“の場合は男性の国籍がイランなどの場合です。

その場合外国人男性の戸籍は外国籍のまま、日本人女性は自動的に外国籍を取得し、日本国籍も保持する形になります。

この場合二重国籍となってしまい、日本では二重国籍が認められていないためどちらの戸籍にするのかを女性が選ばなくてはなりません。

名字について

女性の場合結婚をすると名字が変わります。それを機に「結婚したんだ!」と実感する方が多いかと思います。

日本人の女性が国際結婚ともなると苗字が少し複雑になります。ですが名字への選択肢は3つもあります。

1.「氏は変えず今まで通り日本の名前を使う」という方法。

2.「日本姓+外国姓に変更する」という方法。

3.「外国姓+ミドルネームと日本の苗字を使う」という方法。

国際結婚は主にこれら3つの中から選ぶことができるため現在の名前に合った氏名で生活することができます。

まとめ

日本人同士の結婚とは違い、国際結婚ともなると婚姻届けを提出するだけなのにかなりの時間と労力が必要になってきます。

婚姻届けを出すまでの手続き等はとても大変ですが、婚姻届けを提出してしまえば日本人同士の結婚生活とほとんど変わらない生活になるので婚姻届けを提出する段階が1番の頑張りどころとも言えます。