国土地理院は国土交通省の付属機関で、日本国内の測量をしたり地図の作成などを行っています。国土地理院のホームページではWeb上で地理院地図を閲覧できるほか、国土地理院が提供している各種データを入手することができます。また、茨城県つくば市にある「地図と測量の科学館」では地図と測量に関する歴史や測量の新しい技術などを見学することが可能です。

ここでは国土地理院の主な活動と提供しているサービスについて解説します。

スポンサーリンク

種類豊富な地図閲覧サービス「地理空間情報ライブラリー」

国土地理院のホームページには「地理空間情報ライブラリー」という地図閲覧サービスがあり、ここで豊富な地図や航空写真を閲覧することができます。

ライブラリーでは地図や航空写真を継ぎ目なしにWebで閲覧できる地理院地図や古地図コレクション、土地利用図、ハザードマップや地震災害に対する地理院の対応に関する資料など、数多くの資料が掲載されています。

ライブラリーの地図資料は膨大で、さまざまな角度とニーズから日本の国土の状態を知ることができます。例えば登山のために地形図を調べたい場合や、災害に備えて現在の住まいの地形を見たり、大規模降雨に備えて洪水浸水想定区域のデータを調べることができます。

 

民間の地図サービスに比べて地理院地図が優れている点

一般的に利用する地図といえばインターネットで提供されている地図サービスの方が有名でよく利用されます。ネットサービスではGoogle Mapが有名どころで使い勝手もインターネットの地図サービスの方が良いのが現状です。しかし、国土地理院の地図の方が優れている面もあります。

一般企業が提供している地図は営利目的によるものですので、どうしても多くの人が必要となる都市部と人口密集地を詳細に示し、過疎地域はおおまかな地図で表す傾向にあります。しかし、地理院地図の場合、そもそもの目的が日本国土の地形を詳細に把握することですので、すべての地域を詳細に示しています。例えば山間部の地図を調べたい場合は国土地理院の地図の方が詳細なデータを入手することができるのです。

特に地質については地形を創りあげる上での重要なデータとなりますので、地質関連で資料を集めたい場合には地理院地図が優れていると言えるのです。


最先端の測量技術で高精度な地形図を提供している

もう一つ、一般企業の地図に比べて優れている点として、最先端の技術を駆使した地図の提供をしている点があります。

国土地理院では航空レーザ測量という航空機にレーザスキャナを搭載して上空からレーザ光を照射し、レーザ光が反射して得られる地上から航空機までの距離と航空機の位置情報から地上の地形の状態と標高を調べる新しい測量技術です。

航空レーザ測量で計測したデータから建物などの人工的な建造物や樹木などを除去して高精度な標高データを作成し、国土地理院のホームページで提供しています。

ホームページの「デジタル標高地形図」のコーナーで気になる地域をクリックすると地形の起伏をカラー別に彩色した地図をダウンロードすることができます。標高が高くなるにつれて暖色系に、標高が低い場所は寒色系で彩色されていてさらに陰影もつけられていますので、居住地の土地の起伏がどうなっているかなどを直感的に調べることができる画期的な地形図です。

スポンサーリンク

国土地理院が時代に合わせて地図記号を新しく作っている

地図記号は施設や道路、土地を記号で表現しているもので、地図を見やすくするために施設を名称でではなく記号で示したものです。

この地図記号ですが、時代の状況に合わせて新しく追加されたり記号が変更されたりしています。

2016年には外国人観光客の増加や2020年の東京五輪に備えて国土地理院が外国人が理解しやすい地図記号を作りました。例えば交番の地図記号は「×」で表しますが、警察官が敬礼しているイラストに、寺院「卍」は三重塔で表す記号を作りました。これらは地方自治体の外国人向け地図に使われるようになっています。

さらに、2019年3月15日には、過去に起こった自然災害の石碑や供養塔の場所を地図で表せるように「自然災害伝承碑」の地図記号を新たに制定しました。これは災害に対する教訓の普及と将来の災害の被害軽減につなげようとするものです。

このように、時代の変化に応じて地図記号を刷新していくのも国土地理院の大きな役目です。


まとめ

国土地理院は最新の技術を駆使して日本の国土の正確な状況を提供しています。このことにより、社会科を学習する小学生から、国土を計画的に利用していく行政まで幅広い層が地図を活用できる環境を整備している重要な役割を担っています。行政や起業が行う街づくりから私たちの家を建築する時、またもしもの時の対策まで、地形は人々の生活に最も近いところで関係しています。

そのような日常に最も大切な部分を国土地理院は時代の状況に合わせて地図の表示方法や公開する内容を変えて利用者が使いやすいものを常に提供していると言えるでしょう。

スポンサーリンク