6月11日に放送される「マツコの知らない世界」に出演される「小林真作さん」について紹介します!

今回のテーマは「ゆで卵の世界」!

出演される小林真作さんは「15年間、卵を10個、毎日食べ続けて」これまでに食べた卵の数は実に「5万5000個以上」という異色の経歴を持つ、鶏卵卸業の社長さんです。

毎日、10個ずつ卵を食べ続けたとなると、よく聞くコレステロール値など体調は大丈夫なんでしょうかね?

今回は、そんな卵のソムリエ「小林真作さん」の奥さんやお子さん、経歴について紹介していきます。

スポンサーリンク

小林真作さんの「経歴」を紹介します!

それでは、早速ですが、小林真作さんの経歴から紹介していきます。

出典:http://www.cgegg.co.jp/company/

小林真作(こばやししんさく)
徳島県徳島市出身
1975年1月17日生まれ(44歳)
名古屋大大学院工学科研究科修了後、大手食品メーカーで製品開発などを担当。
2004年に3代目社長として代表取締役に就任。

小林真作さんは、徳島県徳島市から愛知県にある「名古屋大大学院工学科研究科」を修了、24歳の頃に大手商品メーカーに就職します。

そこでは、納豆などの新商品を研究製品開発を担当。

29歳の頃に、おじいちゃんの代から45年続く「鶏卵卸売業会社」の3代目社長に就任します。

そこからは、たまごのソムリエとして「株式会社小林ゴールドエッグ」の社長となり、日本では最多「83種類」の卵を全国1600店の飲食店やスーパーなどに卵を支援しています。

会社の所在地はこちらです。

今回は、マツコの知らない世界に「5万5000個以上卵を食べた男」として出演されますが、今までも「小林ゴールドエッグの」社長としてショーや様々なメディアに露出されています。

小林真作さんの「奥さん」は?

小林真作さんは現在、44歳。

卵が好きな女性には、「もしかして卵ソムリエ夫人チャンスがあるかもしれない?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、残念なお知らせになりますが、小林真作さん、ご結婚はされているみたいです。

「奥さん」について調べてみたところ、SNSなどに女性リポーターなどと一緒に写っている投稿は見られましたが、奥さんと確証できる女性との写真や画像は発見できませんでした。


小林真作さんの「お子さん」は?

続いて、小林真作さんの「お子さん」について紹介します。

こちらは、Facebookに2年前の徳島県名物「阿波踊り」を見物に行かれた際に投稿された画像から発見することができました!

小林真作さんには、男の子の小さいお子さんがいらっしゃるようです。

たまごソムリエとして、鶏卵卸売業会社の社長として、そして、良きパパとしてもご活躍されているみたいですね!

是非とも、お子さんに4代目「小林ゴールドエッグ」の社長として、さらに発展させて頂きたいところです。

まとめ

今回は、6月11日放送の「マツコの知らない世界」に出演される「小林真作さん」の経歴や奥さん、お子さんについて、おせっかいですが、ご紹介させて頂きました。

たまごソムリエ、株式会社小林ゴールドエッグ社長、5万5000個の卵を食べた男、どれをとっても小林真作さんの卵に対する愛を感じられます。

放送では、「常識を覆す、絶品のゆで卵」や「絶品ゆで卵の作り方」なども紹介されます。

ご興味のある方は是非、ご覧期待と思います。

スポンサーリンク