歳を経るにつれて参列する機会の増えてくる結婚式はとてもおめでたい事です。今までは親についていけばご祝儀の心配もなく単純にお祝いの気持ちと美味しいご飯と余興を楽しんで入れば大丈夫でした。

しかし、大人になって個人で招待されるとわけが違います。参列できないけれど、お祝いは送りたいときにマナーはなんだっけ、ご祝儀袋ってどうやって書けばいいんだっけ考えなければならない事が沢山出てきます。そんな方に向けて、何度結婚式に参列しても慣れない結婚祝いに関するお悩みをテーマに解決法をご紹介していきます。


 

結婚祝いには贈り物とご祝儀の2種類ある

結婚祝いと一口に言っても、実は2パターンあります。それは、贈り物かご祝儀かです。まず、新郎新婦の門出を祝福して新生活でもつかてもらえるような贈り物をしたいというパターンです。

事情があって結婚式には参列できないけれど、お祝いのメッセージを添えて気持ちを伝えたいという方が贈ることが多いです。もちろん、結婚式に参列してご祝儀を合わせて贈る方もいれば、参列できないけれど好きなものを購入してほしいと贈り物ではなくご祝儀として現金を前もって新郎新婦に渡すパターンもあります。どれもお祝いしたいという気持ちが相手に伝わる行為なので問題ありません。

 

喜ばれる結婚祝いの贈り物とその相場

まずは、王道のプレゼントとして人気の二人で使用することができるペアの贈り物です。ペアで色違いや少し柄に違いがあるものを選ぶことで結婚祝いらしさが一気に増します。このペアの贈り物で助かるところは、ペアで揃っているだけで見栄えがあるので新郎新婦のどちらかが初対面で好みがわからなくても支障をきたさないところです。オシャレな雑貨店では、夫婦茶碗やペアのマグカップなどに会えておめでたい富士山の柄や形を模していたり、結婚指輪がデザインされているものもあるので、より結婚のお祝いという演出を高めたい場合におすすめです。

次に、結婚する二人の共通の趣味に関わる贈り物です。お酒好きであれば、普段はちょっと買えないような珍しいお酒やおつまみ、チーズなどがおすすめです。

他にも、サッカーチームのユニフォームや好きなキャラクターグッズをチョイスしても喜ばれます。このような共通の趣味のものを贈り物して選ぶと、結婚式場のウェルカムスペースにも飾ることができるため新郎新婦に喜ばれます。気になる相場ですが、友人同僚であれば3000円から20,000円程度、仕事関係の上司などの場合は、5000円から20,000円程度、兄弟・親戚であれば10,000円から30,000円程度です。

もし、結婚式に参加するようであれば、最低ラインの金額に合わせて贈り物をチョイスして問題ありません。


 

もう間違えないご祝儀袋の書き方・いれ方のマナー

ご祝儀袋を書くとき緊張してしまって苦手意識のある方が多いのではないでしょうか。机の周りを綺麗にして、深呼吸して心を落ち着かせてから書き始めましょう。失敗や書き直しを防ぐのにまず大切なことは、表書きで使おうとしているさいんぺんや筆ペンのインクがちゃんと出るのか他の紙で確かめてからにしてください。おめでたいお祝い事の際には、かすれていたり薄いインクで書いてはいけません。このかすれや薄いインクはお葬式の際に贈る香典の際に用いられ、涙や悲しみを表現していることになってしまいます。

このため、結婚式のご祝儀では、必ず濃いインクでかすれないペンを使用しましょう。特に、普段使用する機会のない筆ペンでいきなり書き始めると文字全体のバランスが思うようにいきません。苦手な方や慣れない方は面倒でも一度練習してから書き始めましょう。

では、まず1名の名前を表書きに書く時の注意点です。水引の下にフルネームで名前を書くのですが、この際、表書きの短冊にある寿の名目よりも小さめに文字を書いてください。次に連名の場合です。夫婦でご祝儀を出す際には、ご祝儀の右側に夫の名前を書き、左側に妻の名前を書くのがマナーとなっています。夫婦で苗字が同じ場合は、どちらもフルネームで記入しても良いですし、夫の名前のみフルネームで書いて妻は名前のみで記入しても問題はありません。会社関係者の連名でご祝儀を出したい場合は、その中に目上の人がいればその方の名前を右側に書いてあとは残りのメンバーの名前を左側に書いていきます。

もし、メンバー全員が同期の場合は、特に明確なルールは合いませんがわかりやすいように五十音順で書かれることが一般的です。では、次に中袋の書き方です。中袋の表面には、ご祝儀袋に入っている金額を旧字で記入します。例文としては「金三萬円」というようになります。この中袋の裏側には、住所と名前を記入します。

ここを記入しないと新郎新婦がお礼をしたい時に誰から頂いたご祝儀なのか、どこにお礼をすればいいのかがわからなくなってしまうので忘れずに記入してください。中袋に記入できたら、次は包み方です。「ご祝儀の場合は下側にある紙が上にくる」と覚えてください。これが逆になると香典になってしまうので包む時まで注意してください。

スポンサーリンク

 


ご祝儀袋と中に入れるご祝儀の相場はこれで安心

ご祝儀にも相場がありますが、実はご祝儀袋にも相場があるのをご存知でしょうか。ご祝儀袋とご祝儀の金額は釣り合うようにして選ばなければなりません。

簡単に言えば、豪華なご祝儀袋に少ない金額を入れると釣り合いが取れずちぐはぐになってしまうからです。30,000円程度のご祝儀の場合は、紅白か金銀で作られた結び切りの水切りがついたご祝儀袋が合っています。30,000円程度は友人や会社の同僚に送るご祝儀の相場になります。次に、30,000円~50,000円程度のご祝儀の場合は、そこに少し飾りおりなどが加わったご祝儀袋が合っています。30,000円~50,000円程度は特にお祝いしたい友人や兄弟や親戚のご祝儀の相場になります。50,000円以上のご祝儀の場合は華やかで凝った結び方の水切りが使用され、鶴や亀など昔からの縁起物が描かれた華やかなご祝儀袋が合っています。50,000円~100,000円程度のご祝儀はもっとも関係の近い兄弟のご祝儀の相場になります。ご祝儀袋とご祝儀を用意する際はこの点に注意してください。

 

まとめ

何度結婚式に参列しても、結婚祝いの贈り物やご祝儀のマナーは慣れなくて悩みの種です。今回ご紹介したお祝いの贈り物のチョイスの仕方やご祝儀についてのマナーやルールを実践していただければ、お悩み解決です。万全の準備でおめでたい結婚式に備えましょう。