プロポーズは一世一代の大勝負です。そんなプロポーズにOKをもらい、晴れて結婚することになった場合、そこから様々なイベントが待っています。

両親への挨拶、式場の決め方などなど様々な「行わなければいけない事柄」がある中で今回は両家の顔合わせについて重要な押さえておかなければならないポイントを紹介します。挨拶の方法や、手土産、服装などなど知らないと恥をかく可能性もあるので是非この記事をチェックし参考にして下さい。

スポンサーリンク

 

顔合わせとは

まず、顔合わせとは何のことなのか、そもそもそれを知らない方のために簡単に顔合わせについて説明します。

顔合わせとは、呼んで文字通りお互いの両親を紹介して一緒に食事をしたり会話をする機会の事です。

婚礼行事の一つとして昔から行われていますが、もっと形式ばった顔合わせとして「結納」という方法があります。

結納とは婚約が成立した段階で男性が女性へ金品を渡すこと、女性が男性に返礼する儀式の事ですが、現代において結納は堅苦しく行わないという方が多いようです。

ただ、籍を入れるまえにお互いの家族がどんな感じかは知っておく必要があり、簡単にコミュニケーションを図る場として顔合わせを行って会話を交わすと言う訳です。

一般的には、ホテルやレストランなどで食事をしながら行われることが多いのですが、どちらかの家でパーティーのような形式でラフに行われることも最近増えてきていると言います。

ただ、今回の記事ではあくまでもある程度の格式がある顔合わせの場のことを前提で説明します。

最近は、顔合わせのスケジュールを組み込んだウエディングプランがゼクシィなどで紹介されていることもあるようです。


 

顔合わせの会場について


顔合わせを行う際に大事なのは会場です。

お互いの家から中間の場所を選ぶのがベストですが、遠方の場合は彼女側の家に合わせていくのが良いでしょう。

会場は、ホテルのレストランなど、ある程度品のあるお店を選ぶべきです。

洋食、和食、種類は問いませんが騒がしいお店は避けるとよいでしょう。

可能であれば旬の食材が食べられる場所がベストです。

また、遠方の場合は泊まるホテルなども考慮してホテルとレストランが併設されているところを選ぶと夜遅くなっても直ぐに帰れるので良いと思います。

日取については、挙式の半年前と言うのが多いようです。挙式の直前すぎるのは良くないですが、できればプロポーズをして挨拶を済ませてから早めに決めるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

 

顔合わせの服装、手土産など

顔合わせについては理解頂けたかと思います。

続いて、顔合わせを行う際の服装や手土産について紹介します。

服装

顔合わせでは、初めて両家の両親が合う場なので、有る程度両家の格にあった服装を行う必要があります。

そのため、どういった服装で行くかというのを予め両家で確認しておき、服装を合わせる必要があります。

一般的には、男性はスーツ、女性はワンピースで来るのが常識です。

ラフな格好で合う場合もありますが、その場合何度かコミュニケーションを図っている場合が多いです。

普通は、ある程度TPOに合わせた服装で行くことを考えておきましょう。

スーツでなくても、襟つきのジャケットなどを着ていき、フォーマルな服装でいくことをおすすめします。

女性もひざ下、あるいはひざ丈のワンピースなどを着ていき露出が少ない服装で行くことをおすすめします。

色見は、明るい色で柔らかい印象をうけるような服装が良いと思います。

学生の兄弟なども参加される場合、学生服を着ていくと良いと思います。

手土産

つづいて、手土産ですが、そもそも手土産が必要なのかどうかについて

そこは、相手の雰囲気をみて判断して下さい。

顔合わせで手土産を持っていく必要は絶対にないので、そこは予め二人で話し合って決めるとよいでしょう。

もし、手土産を持っていく場合は料理に合わせて洋菓子、或いは和菓子の詰め合わせを持っていくとよいでしょう。

避けるべきなのは演技が悪いお土産、例えば羊羹など切って食べるので、夫婦の別れを連想するとのことです。

そこまで高額なモノにせず3000円ぐらいのものを購入して渡すようにして下さい。

また、のしも忘れずにつけると良いでしょう。

 

顔合わせでの挨拶について

つづいて顔合わせでの挨拶についてです。

進行役は恐らく男性側が行うはずですが、揃って席に着き、飲み物がそろってからお礼の言葉や、顔合わせの趣旨などを説明します。

そこまで堅苦しく考えなくてよいと思いますが、

「本日はお忙しい中お集まりいただき有難う御座います。今回は、私●●、そして▲▲さんの婚約の報告、両家のご紹介のため食事の席をもうけさせて頂きました。どうぞよろしくお願いします。」

といった程度の簡単な挨拶は考えておきましょう。

乾杯は、男性側の父親にお願いして簡単な挨拶の後に乾杯をお願いしておくとよいと思います。

 

まとめ

両家顔合わせについてある程度理解頂けたかと思います。

結婚はお互いの家族が関わってくる大事なことであり、それゆえに顔合わせも非常に重要な儀礼です。

お互いが気持ち良くコミュニケーションをとれるように頑張ってポイントを押さえて行うようにしましょう。

スポンサーリンク