Mode

伊豆海洋公園磯プールとは?基本情報から楽しみ方まで一気にご紹介!

伊豆海洋公園磯プールについてご紹介します。伊豆海洋公園磯プールとは、静岡県伊東市にあるプール施設のことを指します。プール施設へのアクセスや営業期間などの基本情報から、100%楽しむためのポイントなど、幅広くご紹介します。今年の夏のプール計画におすすめの施設ですよ。

伊豆海洋公園磯プールはどこにある?

今回ご紹介する【伊豆海洋公園磯プール】は、静岡県伊東市にあるプール施設で、【伊豆海洋公園ダイビングセンター】内にあります。

そんな【磯プール】は、夏季限定でオープンしているプールです。キャッチコピーは『日本一海に近い磯プール』として知られています。本当に目の前には海が広がっておりプールの水にも海水を利用しているので、プールで遊んでいるのだけれどもまるで海水浴に来たかのような気分でプールを楽しむことができます。

例年の営業期間は7月中旬から8月末となっています。詳しい日程は、公式サイトにて公開されていますので、事前にチェックしてください。

また、プール内には小さなお子様も楽しむことの出来る様なウォーター滑り台が併設されています。ちびっ子たちにとても人気で、いつも賑やかな声がと。


子供が喜ぶイベントにも注目

磯プールが営業している期間中の毎日、子供たちが喜ぶ磯プールイベントが2つ開催されています。

1つの『ちびっ子宝探し』は、毎日11:00から小学生以下を対象としたイベントです。プールの底にある「おはじき」を拾い、宝物をゲットすることができます。特にちびっ子たちが大はしゃぎするイベントの一つです。

2つ目は『ちびっ子あじのつかみどり』です。これもまた大反響を得ているイベントの一つです。毎日14:00から小学生以下を対象として開催されています。磯プールの中に放たれたアジを夢中になって追いかけている様はとても微笑ましいものです。苦労してやっとアジを掴むことのできた子供たちの笑顔は格別です。

因みに、捕まえた味はその場で焼いてたべることができます。頑張った分、その味は格別に感じることができるはずです。

その他の施設の紹介


磯プールの他に、【50mプール】や【ジャグジー付き温水層】、売店エリアや休憩エリア・シャワーエリアなどの施設があります。

【50mプール】は講習などに利用できる、水深4mのプールです。海水を利用しているので、気持ちは海で泳いでいるような気分を味わうことができます。

【ジャグジー付き温水層】は、2006年に完成した温水層です。最大で40人もの人数で楽しむことのできる、大容量の施設です。冷たい海の水で冷えた身体を、ほんのりと芯から温めてくれます。

疲れたら売店や休憩エリアで一息つきましょう。売店は施設受付内に完備されており、ダイビンググッズや各種お土産品、お菓子類やドリンク類が販売されています。休憩スペースは冷暖房を完備しており、かつダイビングスーツを着用したままで利用できます。

また、お昼は持参したお弁当を屋外の休憩エリアにていただきましょう。屋根付きの休憩エリアなので、突然の雨や強い日差しを気にすることなく、且つ外気を肌で感じながら過ごすことができます。

貴重なダイビングスポットでもあります

磯プールを完備している【伊豆海洋公園ダイビングセンター】は、ダイバーの間ではとても有名な施設です。『レジャーダイビング』発祥の地として知られているだけでなく、東京から公共機関を利用して2時間半で訪れることの出来る、数少ないダイビングスポットとしても知られています。これは世界的にみても、稀な立地であると言われています。

イベントも要チェックしておきましょう

伊豆海洋公園磯プールへとお出かけの際は、事前に公式サイトにて開催されるイベントをチェックしておきましょう。磯プールでは常時ちびっ子向けのイベントが開催されていますが、施設全体でのイベントも開催されています。


併せてチェックしておきたい周辺施設群

伊豆海洋公園ダイビングセンターを含む、伊豆海洋公園の周辺には様々な施設群が建てられています。その数はなんと、4施設。それぞれの魅力やポイントを簡潔・分かりやすくご紹介します。

伊豆シャボテン動物公園

大室山のふもとに展開している『伊豆シャボテン動物公園』。ここには、世界中から集められた1,500種類ものサボテンや多肉植物と、120種類もの動物たちに触れ合うことができます。特に、露天風呂を堪能するカピバラはここの名物です。

伊豆ぐらんぱる公園

子どもだけでなく、大人も一緒になって楽しむ遊ぶことの出来る『伊豆ぐらんぱる公園
』。特に近年リニューアルした「ジップライン~風 KAZE~」や「ウォーターバルーン」・「日本初!船型立体迷路 想い出~KAIZOKU~」など、ネーミングからワクワクさせるようなアトラクションがいくつも揃っています。

ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン

城ケ崎海岸のビューエリアにある『ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン』。2017年12月までは『花の公園』として親しまれていましたが、現在に名前に変わり、施設全体も新しく生まれ変わりました。ここでは、和気あいあいとした雰囲気の施設とは一線を引いた、しっとりと静かな時間が流れています。

ミュージアム内には、鮮やかな色板ガラスが作り出す幻想的なステンドグラスの世界が広がっています。意匠の凝らされたランプスタンドや繊細さ・厳かさが共存するステンドグラスの数々には、思わずため息が出てしまいます。

一息つきたい時には、別館に併設されたカフェがおすすめです。店内には、もちろんランプやステンドグラスが煌めいています。天気のいい日には、もちろんテラス席がおすすめです。オーシャンビューの絶景の中で、明るく開放的なカフェタイムを楽しむことができます。

伊豆高原 道の駅 ぐらんぱるぽーと

最後に『伊豆高原 道の駅 ぐらんぱるぽーと』。伊豆海洋公園からは少し離れた、熱海と下田のちょうど中間点である国道135号線沿いにある道の駅です。磯プールでしっかりと遊んだ後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

伊豆の名産品はもちろんのこと、伊豆シャボテン動物公園グループ・オリジナルグッズも取り扱っていますよ。

車を運転するであろうお父さんは、これからの帰り道に備えて足湯で疲労回復しておきましょう。

今年の夏の予定にいかがでしょうか?


伊豆海洋公園磯プールについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?磯プールだけでなく、併設された滑り台やジャグジー付きの温水層などもあります。楽しみ方色々、一日中を過ごせる施設ですよ。夏の予定候補としていかがでしょうか?

施設情報

住所:静岡県伊東市富戸841-1
アクセス:(電車)伊豆急行[伊豆高原駅]から東海バス[海洋公園行き]で約15分
(車)東名高速道路[沼津IC]から約55km(約90分)
電話番号:0557-51-1128(伊豆四季の花公園)
営業時間:9:00~16:30(最終入場:16:00)
定休日:なし(営業期間中)
料金:大人(中学生以上):1,400円、小学生:800円、幼児(4歳以上):400円
駐車場:あり(200台)/1,000円
公式サイト:http://iop-dc.com/pool/