東京都豊島区にある池袋駅は、JR東日本や東武鉄道、西武鉄道や東京メトロの各路線が発着する巨大ターミナルで、1日平均の利用者数は264万人ほどになっています。通勤や通学、買い物など様々な用途で使う人々が多く、利用客の層は多彩です。しかし、巨大ターミナルの割に、東京駅や大阪駅などのような主要駅と比較しますと入り組んだ作りになっておらず、広々とした構内で相互の路線と連絡しているのが特徴となっています。


 

池袋駅の構内図を把握して効率的に利用するには

池袋駅は、JR東日本圏内では2番目に利用客が多い駅であり、東武鉄道や東京メトロなどでは利用客が最も多い駅ですので、効率的に乗り換えを行うには、巨大プラットフォームの構内図を把握しておく事が大切です。構内図は各社の公式サイトに掲載されていますので、駅構内で案内板を見つけられなかった時にスマートフォンやタブレットを持っていれば、調べられます。

JR東日本の池袋駅は地下1階、地上2階で構成されており、地上階はホームを中心に構成、地下1階は東京メトロや東武鉄道や西武鉄道への連絡口、百貨店などの商業施設への連絡口や地下街で構成されています。出口は北口や西口や西武東口などがあり、これらの出口を利用する事で外部に出たり、百貨店などの商業施設へと行く事が出来ます。

 

池袋駅でコインロッカーを使いたい場合には

荷物が多くて、一時的に荷物を預けておきたい場合にはコインロッカーを利用するのが便利です。コインロッカーは池袋駅構内の至る所にありますので、これを活用しておけば、ショッピングなどをするのに役立ちます。池袋駅構内のコインロッカーはいくつかありますが、北口改札方面の階段を降りた所や池袋ショッピングパーク入り口付近、中央改札2方面の階段を降りた所など各改札から階段を降りた所に設置されている事が多いです。

利用出来る時間帯は大体始発から終電までとなっており、支払い方法はそれぞれのコインロッカーによって異なります。現金払いのみの場合、現金払い、あるいはSuicaに対応している場合です。Suicaに対応していれば、スムーズに決済が出来ますが、現金にしか対応していない場合はSuicaの利便性を活かす事が出来ず、小銭を用意しておかなければいけないケースもありますので利用する際にはどのような決済でも出来るようにしておくと良いでしょう。


 

池袋駅の時刻表を確認するには

JR東日本や東武鉄道や西武鉄道、東京メトロといった路線が相互に連絡している池袋駅を活用するには、どの時間帯にどれだけ列車が来るのかを確認しておく事です。列車の時間帯を確認するには、各路線の切符売り場や駅、列車内に設置されている時刻表を利用します。時刻表は、小冊子を配布している事もありますし、公式サイトで調べたり、路線案内アプリを使って調べるといった事も可能ですので、利用者の都合の良い方法で調べてみると良いでしょう。

池袋駅は巨大な駅ですので、各路線に乗り継ぐ予定であるのなら、その駅に辿り着く時間も把握しておく事が必要です。時刻表で確認する事は、利用する路線のどのようなタイプの列車がいつ到着するのかという事です。特急や急行や準急など様々なタイプの列車があり、遠方まで行く必要があるのであれば、特急や急行を使う事で早く目的地に辿り着く事が出来ます。始発と終電の時間も確認しておきますと、通勤や帰宅の時に列車を使う時に列車を逃す事が無いでしょう。始発時間と終電時間も路線によって異なりますので、乗り継ぎがうまく出来るようにするには、乗換案内アプリを活用するのも手です。


池袋駅周辺にはショッピングが出来る所がある

池袋駅の利用者は、通勤や通学や買い物などで使うケースが多いですが、駅から連絡口を通じて商業施設へ行く事が出来ます。池袋パルコや西武百貨店などの商業施設の他に、地下街にも店舗が立ち並んでいますので、多くの利用客がいます。買い物が出来る場所がある事で、会社帰りや学校帰りにショッピングを楽しめます。池袋駅とその周辺の施設だけでも、他の場所へ移動してショッピングをするといった手間を省けますので、多くの人々に適した場所となっています。コインロッカーも複数の場所に設置されていますので、荷物を預けてショッピングをしに行くといった事もし易いです。

ショッピング街が充実しており、東京の各方面へ行く為の路線が充実していますので、交通の便が良く、生活の利便性を高められるのが利点です。

 

まとめ

池袋駅は東京でもトップレベルの利用客が多い巨大ターミナルです。この駅を活用する事で、通勤や通学や買い物などをするのが効率的に行えるようになります。東京で働く人々や学校へ通う人々などの生活には欠かせない駅であり、構内図や時刻表を活用して、池袋駅を最大限に活用していく事がより生活を充実させられる事でしょう。