今では多くの乗用車に標準で付けられている装置がETCです。このETCは高速道路料金の支払いが非常に便利で、しかも割引が受けられるというメリットもあります。そんなETCについてその概要や特徴を紹介し、マイレージサービスや高速料金・ルート検索のドラぷらについてもお話しします。

スポンサーリンク

 

ETCとは何か?

ETCとは電子料金受領システムの英語を略ししたものです(「E」lectronic 「T」oll 「C」ollection System)。日本の有料道路で採用されている自動による料金徴収システムのことです(海外でも似たようなシステムがあるが名称は異なる)。

このETCが導入される前は料金所で停車した上で利用料を支払っていましたが、料金所で停車することなくセンサーを反応させてそのまま通過できるというメリットがあります。

このETCの仕組みとしてはETCの車載器を運営する機関が指定する業者(セットアップ店)に取り付けてもらい、クレジットカード会社から発行された専用のカードであるETCカードを車載器に入れたままETCの対応している有料道路の入り口にある専用ゲートをくぐり、有料道路から出る際にも料金所に併設された専用ゲートを通過することで後日クレジットカード会社から料金の引き落としが行われるという仕組みです。

有料道路の利用時にスピーディーで簡単な決済ができるメリットから道路の運営側や利用者は渋滞の解消などに寄与したり、決済の簡便さから料金所での煩雑さから解放されます。このように便利なシステムのETCですが、このシステムは当初導入の困難さから導入する企業や個人が少なく恩恵もあまりないことから企業を含めた大多数が現金やハイウェイカード(有料道路の料金決済を行うプリペイドカード)による支払いを続けました。しかし肝心の普及率が低いとシステムの導入も渋滞解消などに寄与しないため、普及率を上げるために大規模な割引を行ったり、偽造防止という名目で高額ハイウェイカードの廃止(のちに段階的にすべてのハイウェイカードの廃止)を行ったり、運送業者や旅客事業者向けの割引条件にETCの導入を加えるなどしたことが普及率の向上に大きく貢献し、現在は非常に高い普及率となりました(2015年時点で全国平均90%を超える)。

更にスマートインターチェンジと呼ばれるETC専用の無人のインターチェンジも各地で設置されるようになり、クレジットカードを持ちたくない方のためにプリペイド形式のETCカードであるETCパーソナルカード(あらかじめ預託金という名目で金額をチャージしておくカード)も導入されるようになったことで、より全国的な普及を進めています。


 

ETCマイレージサービスの利用方法

ETCには多くのサービスで見られるようなポイントサービスであるETCマイレージサービスと呼ばれるものがあります。これはあらかじめインターネットなどでETCマイレージサービスの登録を行うことによって利用できるポイントサービスになります。

この登録によりETCの利用金額に応じてポイントが加算され、そのポイントを無料通行分として利用できます。このETCマイレージサービスでたまったポイントを交換するには大きく2つの方法があります。ポイント自動還元サービス、手続きによる交換サービス(インターネット、電話※電話は自動音声宛と事務局宛の2つ)です。ポイント自動還元サービスは、一定ポイントが貯まった時点で自動的にポイントを還元額に交換するものです。

この一定ポイントは運営会社によって基準が大きく異なり、NEXCOや宮城県道路公社、本州四国連絡道路株式会社は5,000ポイントで5,000円分、それ以外の道路公社(阪神高速道路や名古屋高速道路など)は1,000ポイントで1,000円分を自動で還元します。還元分が大きい分たくさん貯める必要があります。手続きによる交換はインターネットのサイトにアクセスしたり電話を行ったりすることがやや手間ですが、少ないポイントでも還元できるというメリットがあります。

スポンサーリンク

 

高速料金やETC割引も分かる!ルート検索のドラぷらとは

高速道路運営会社大手のネクスコは高速道路やサービスエリア情報中心とした情報サイトであるドラぷらを利用すれば高速料金やルート検索ETCの割引なども調べることができ、外部のサイトよりも正確で、かつ見やすく検索を行うことができる公式サイトとなっています。鉄道のようにエリアごとに調べ直す必要がなく、ネクスコ全社の横断した検索ができるので便利なサイトです。旅行前の利用として最適なので、もし高速道路を利用する場合は一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ETCは普及までに大変な道のりがありましたが、今は非常に高い普及率を誇っており、それを利用したマイレージサービスも展開しています。そんなETCに今後も目が離せません。

スポンサーリンク