「相手の名前や会社名と住所は知っているのだけれど電話番号だけ分からない」

そんな時に便利ないくつかの電話番号検索の方法があります。

以下では、具体的な方法や手順について解説していきます。


 

電話番号を無料で検索するには?

相手の名前(個人宅であれば世帯主の名前)や会社名が分かっていれば、まずGoogle検索で検索してみましょう。

大抵の企業であれば、公式サイトを開設していなくとも電話番号が判明することが多いです。

個人宅の電話番号も、かつてはNTTハローページに長年掲載されていたことがあります。

電話番号のデータベースに一度でも載ったことがある番号であれば、検索にヒットする可能性があります。

Google検索で、なかなか電話番号が見つからない場合には「jpnumber」や「電話帳ナビ」という電話番号検索サイトが便利です。

トップページ冒頭ですぐ、電話番号、事業者名、住所などのキーワードから検索できるサーチボックスが表示されます。

ここに相手の会社名や住所を入力して調べると電話番号を発見できることがあります。


 

住所検索を無料で行うには?

さきほど紹介したjpnumberサイトでは、会社名が分かっていれば検索結果にて住所や電話番号が表示される仕組みとなっています。電話番号が分かっている場合、検索結果では個人宅であるとして表示されなかったとしても、似たような電話番号から推測できるおおよその住所が表示されますので大変便利です。

 

050から始まる番号を無料で検索するには?

050から始まる電話番号は、そのほとんどがIP電話からの着信になります。

これは、電話回線の電波ではなくインターネット回線に音声データを流して通話するタイプの電話になります。

固定電話と違ってインターネット通信を利用した電話になるので具体的な地名など位置情報を番号から割り出すことができません。

そのため、不審な電話と警戒されることもあります。

まずは、電話番号検索と同じくGoogle検索で調べてみましょう。

場合によっては、詐欺で多用されている電話番号ということで注意喚起情報が発せられている番号なんていうこともありえます。

見覚えのない電話番号には、迂闊に電話を掛けないように注意しましょう。確かに面倒ではありますが、Google検索のひと手間を加えるだけで無用なトラブルを未然に防止することができます。

ちなみに050から始まるIP電話は、一般の電話回線と比較して利用料金が安いことが一般的です。そのため、各企業のカスタマーセンターが専用の番号として使用しているケースが散見されます。とはいえ、やはり返答するまえに一度、ウェブ検索で発信元情報をある程度特定してからの方が安心です。

ウェブ検索で見つからない場合には、その時点で少し怪しいですがjpnumberサイトでも検索してみるとよいでしょう。

最近、どこかのサポートセンターに問い合わせた覚えはないなどといった場合には、むやみに電話はかけないほうが無難です。

本当に大事な用事があるのであれば、再度かけてくるでしょうし信用のある会社の番号であれば、ウェブ検索でヒットするはずだからです。くれぐれも詐欺や迷惑電話などには引っかからないようにしましょう。固定電話機や携帯電話には迷惑電話を拒否する機能も搭載されています。見覚えがなく、それでもしつこく電話がかかってくる場合は迷惑電話としてブロックするのも手段です。

スポンサーリンク

 

各種の無料の手段で見つけられない場合には?

Google検索やjpnumberサイトで調べても見つからなかった場合には、相手先が個人宅である場合やそれほど有名でない零細業者などが考えられます。

名前や住所が分かっていれば、直接相手に聞けるというのが一番ですが、それが困難な場合には以下のような方法があります。

まずは、御馴染みの104検索です。

電話で104へ問い合わせて、相手の名前(個人の場合は世帯主名)や会社名と住所を伝えて、電話番号データベース内を検索してもらいます。

個人情報に厳しい昨今では、個人宅の電話番号は電話帳に掲載されなくなりました。

また、電話帳データベースへの登録を拒否した人も大勢います。

そのため、もともとデータベースに一度も登録されていなかった場合には、104に問い合わせても調べることは困難です。

インターネットサイトやスマートフォンアプリでは「住所でポン 有料版」があります。ただ月額500円かかるのと、ハローページ内のデータベースに該当がない場合には、これでも調べることができません。

やはり、本人様へ直接確認されるか、何らかの特別な事情があって困難である場合には、人探しなど各種調査サービスに対応している探偵事務所を利用するほかないでしょう。

 

まとめ

プライバシーが尊重されるなか、ハローページには個人宅の電話番号は掲載されなくなりました。

無料で検索するには、Google検索や専門の電話番号検索サイトを利用する手があります。

それでも見つからなかった場合には、有料サービスを利用すれば、過去分に掲載されていたデータから直接調べることもできます。

ただ、一度も電話帳データベースに登録されてこなかった電話番号の場合には発見できません。

SNSやインターネット上の掲示板などを使用して人探しや電話番号を調べるという方法もありますが、イタズラや詐欺、そのほか想定外のトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

何か事情がおありで電話番号を調べていて本人から直接確認が取れない場合には、探偵など専門のサービスを利用するようにしましょう。