NTT docomoを使っている方とかは何度も耳にしたことがある、dポイントやdポイントカードになっていますが、実はdポイントカードを保有していると色々とメリットがあったりするため、まだ保有していないという方もdポイントクラブに入会すればdポイントカードを発行することができるため、作っておくことをおすすめします。dポイントカードも年々ですが保有している方も増えてきていて、貯まったdポイントを色々なところで活用していたりします。


 

カードを作る場合は必ずdポイントクラブに入会しないといけないのでここはしっかりと登録しておこう

先程も書きましたがdポイントカードを使いたい時は必ずですがdポイントクラブに入会する必要があり、登録費はかかりませんしカードを発行する費用も無料となっているので安心して発行手続きを行えるようになっています。ちなみにdポイントカードの発行はドコモショップ及びdポイントに加盟している店舗で手続きをすればすぐに作れるようになっています。

 

dポイントはどういった時に貯まったりするのか?

dポイントというのは1ポイントで1円相当で使えるポイントになっていて、貯める方法は月々の携帯料金の支払いの際にポイントがついたり、dポイント加盟店やネットショップで買い物をした時とか、ドコモの特定のスマホプランを利用した時とかにもポイントがついたりするので、色々なところでポイントが貯まるようになっていて、ドコモのサービス「dマーケット」を利用した場合にもポイントを貯めることができます。

他にもdポイントと連動している公共料金の支払いの時とかETCカードとかを利用した時にもポイントを貯められるようになっていたり、「iD」支払いが可能なところでもポイントをしっかりと貯めることができます。またdocomoケータイ払いプラス対応サイトでdポイントを貯められるようになっています。

スポンサーリンク

 

dポイントカードの使い方については至って簡単である

dポイントカードの使い方になりますが、カードに予めお金をチャージしておく方法となっていて、入金した分だけ使えるようになっていて、カードを使った買い物とか注文をした時にポイントが一緒につくようになっていて、買い物とか注文をした時とかにも貯まったポイントを使うことができ、ポイントが沢山あればお金を使わずに買い物や注文ができてしまう感じとなっています。そのため貯まったdポイントは貯めとけば貯めるほどお得となり、いざいという時にも役立つポイントであるので使い方や使い道は多種多様とあるわけであります。

 

dポイントを貯められる店舗とかも多々あります

dポイントを貯められる店舗は多くあり、名が知られているのはローソン、ローソンストア100、マクドナルド、かっぱ寿司、ノジマ、ジョーシン、高島屋、マツモトキヨシ、ビックエコー、ジュンク堂書店などの店舗になっていて他にもdポイント加盟店のロゴマークがかかげられている店舗ではdポイントをしっかりと貯めることができます。

ちなみに他で貯めているポイントをdポイントに移動することもできます

JALマイルやPontaポイントをdポイントに移動させることも可能であり、使い方も人それぞれではありますが、こういった方法もあるということを理解しておくようにお願いします。

貯まってるdポイントは投資することもできるため、資産運用に活用したりできる

実はdポイントを使って資産運用も可能となっていて、docomoの公式サイトで提供している投資サービスを利用し貯まったポイントを使いポイント運用を行い、頃合いを見て手続きすれば再びdポイントとして使うことができるのでお金を使わずにポイントだけで投資ができちょっとした資産運用を行えるようになります。プランは2種類あり、アクティブコースとバランスコースがあり好きなほうを選択できるようになっています。dポイント投資は使い方も簡単であるのですぐに始められる投資サービスとなっています。


 

dポイントの投資サービスは何ポイントから投資が可能になるのか?

この投資サービスは100ポイント単位から利用することができ、運用中のポイントは、1ポイント単位で引きだすことが可能であり、期間・用途限定での運用はできないのでここは注意しておきたいところとなっています。また、運用中のポイントの造滅は提携している投資信託の基準価額に連動しているので状況によってかなり上下したりすることもあります。

 

まとめ

dポイントカードがほしい時は第1段階としてまずはdポイントクラブに入会してそれからドコモショップかdポイントに加盟している店舗でカードを作ることになります。カードを手に入れてからは使い方は保有している方によって異なったりしておりますが、多種多様のニーズに応えてくれるカードであることは確かであり貯まったポイントも色々な場所で使えるので便利なものとなっています。また、ポイントを使って投資も可能であるので資産運用を安心して行えます。