Mode

雨雲レーダーのリアルタイムや予想の見方、気象庁について

ゲリラ豪雨、雷雨など近年は事前の天気予報だけでは備えきれない事も増えてまいりました。そこで雨雲レーダーをその都度チェックする機会が多くなった方も多くなったことでしょう。最近では精度の高いリアルタイムの雨雲レーダーがスマホアプリで気軽に取り入れる事も可能です。


雨雲レーダー予想の見方

雨雲レーダー予想は使用するアプリによって少し見方が異なることもありますが、ここでは一般的なYahoo!天気アプリの雨雲レーダーについてリアルタイム予想の見方と使い方を紹介しましょう。

まずこちらの雨雲レーダーでは、1時間前から今に至るまでの降水の様子と1時間先までの予想を5分間隔でチェックすることが可能です。デフォルトでは日本地図全体での雨雲の様子が出ておりますが、上部にある虫眼鏡のような表示をタップしますと検索窓が表示されて地名や住所を入力することでご自身が今いる場所等の地図を指定することが可能です。

また、地図の種類も変更ができ、写真や地形図を元にした雨雲レーダーに切り替えることも可能です。では次に時間ごとの雨雲の変化を見たい場合です。地図の下部にある時間目盛にあるつまみを使って左右に動かすことで時間前後の雨雲の様子を見ることが出来ます。目盛の左には再生ボタンがありますが、こちらを押すと、1時間前から1時間後までの雨雲の様子と予想をアニメーションでチェックできます。注意報や警報、雨の強さを確認したいという場合には地図の上部でそれぞれの文字をタップすることで、表示されている地図の中心部分の情報を確認することができます。5分ごとの雨雲の予想を見ることが出来ますので、突然の雨に対しての対策も事前に行えます。



多彩!雨雲レーダー予想が出来るスマホアプリ

Yahoo!天気以外にも現在は数多くの雨雲レーダー予想アプリがリリースされております。それぞれで特徴がありますので幾つか紹介しましょう。

まずは「雨マップ」というスマホアプリです。全国38万箇所のピンポイント天気予報が可能となっており、レーダーも雨だけではなく雷についての表示も同時に出来ます。雨量を水滴の量で視覚的に確認することが出来ますのでとてもわかりやすいというのが魅力。よく行く場所をあらかじめ登録しておくことでワンタッチで予想を見ることが出来るのも便利です。

続いては「3D雨雲ウォッチ~次世代レーダでゲリラ豪雨・台風・天気を確認」です。こちらのアプリの特徴は日本全国の雨雲が3D画面で詳細に見る事が出来るという点です。10分後の雨雲予測をわかりやすいグラフィックで確認出来、次世代感あふれる表示システムは圧巻です。

最後は「雨降りアラート」です。アラートという名称だけに特徴は指定した地域の降雨を事前にピンポイントで通知してくれます。ご自宅に設定しておけば洗濯物を急な雨で濡らしてしまうというのも事前にアラート受信で教えてくれます。5分ごとに更新されるレーダーは常に最新の情報で使い勝手も良いでしょう。



気象庁の雨雲レーダーの使い勝手は?

さて、いろいろ便利なアプリを紹介しましたが、ところで気象庁の公式サイトでも雨雲レーダーをチェックできるのはご存知でしょうか?「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」というページで最新の雨雲レーダーを見ることが出来ます。各地方ごとの拡大データも見ることが出来ますし、3時間前の様子から5分ごとの1時間後までの予想もチェックすることが可能です。降水の他、雷についてと竜巻発生確度についても確認出来ます。

もう一つ、高解像度降水ナウキャストというページもあり、こちらでは動画で滑らかに雨雲の動きを見れるほか、降水短時間予報と土砂災害や洪水などの危険度分布もグラフィックで確認可能です。中でも危険度分布については、避難判断の指標にもなっておりますので、災害時には重要な情報となるでしょうから大雨の際には活用しておくべき情報です。そしてこの気象庁レーダー携帯端末用というのもありますので、気軽にご覧になれます。

また、公式ではないものの気象庁レーダーはスマホアプリでもダウンロードが可能です。こちらは気象庁が発表しているデータですので信頼度は抜群ですし、1つの画面に情報が詰まっておりますのでスッキリとしています。湿度や紫外線、降水確率や6時間雨量なども同時に見ることができ、リアルタイム情報の他に1週間後の詳細な天気予報も簡単にチェックすることが可能です。さすがは気象庁データだけあって、馴染みある衛星写真もすぐに見ることが出来ますし、何より天気の予測が立てやすいアプリになっています。

例えば出張が多い方や旅行に行く機会が多い方など遠くへの移動が多い方には特に重宝するアプリです。

まとめ

近年はコロコロと空模様が変わる事があり、天気予報も朝テレビでチェックするだけという時代は終わった感があります。ベランダに洗濯を干す場合からお出かけ時の備え。旅行での現地スケジュールの検討やイベント開催時の中止や中断の判断などに、今やリアルタイム雨雲レーダーは欠かせない存在となっています。気象庁のレーダーはもちろんですが、他のアプリも合わせつつ上手に活用し雨対策をする事をオススメします。