3年2カ月間、ありがとうございました

常陽新聞は2017年3月31日をもちまして本紙・電子版の発行を休止しました。2014年2月の新創刊以来支えて頂きました購読者の皆様、並びに地元スポンサー及び関係先の皆様に改めて御礼申し上げます。

振り返れば地域メディア再生の道を模索すべく、茨城県南の地で始めたチャレンジでした。残念ながら営利事業としては力及ばずこのような結果となりましたが、休刊発表以来、地元読者をはじめ、さまざまな方々から惜しむ声を頂き、微力ながら一定の役割を果たせたのではないかと再認識しております。

読者や記者を中心に電子版などの存続を目指す動きも出てきています。単独の営利事業としては困難でも、例えば非営利組織として賛同者の支援を得ながら運営する形であれば可能性があるかもしれません。これまでの足跡が何らかの糧となり、そこから新しい芽が出れば喜ばしいことであり、私も側面から応援したいと思っています。

またいつか、新たな形の地域メディアとして「常陽新聞」を目にするかもしれません。そのときはよろしくお願いします。またあう日まで、さようなら。


(常陽新聞 代表取締役社長 楜澤 悟)
   
読者の声
常陽新聞からのお知らせ  
 
ページ上部へ