バナー

筑波山地域、日本ジオパーク認定見送り

2014年08月29日

霞ケ浦を含む筑波山地域の日本ジオパーク認定が28日、見送りとなった。審査結果について日本ジオパーク委員会(JGC)は「全体構想が不十分なほか、稼働中の採掘場をジオサイトとして選定するなど地形・地質の保全への認識不足もある」としている。筑波山地域ジオパーク推進協議会(会長・市原健一つくば市長)は、再申請に向けて問題点を解決していく方針だ。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ