バナー

コミュニティバス 新治路線中止受け/公募要領見直しへ

2014年05月24日

 土浦市は23日、公共交通の評価や見直し基準の明確化を検討することを明らかにした。3年計画で試験運行したコミュニティバス「新治バス」は乗客数が少なく、3割の地元負担の重さもあり、今年3月末に2年半で運行を中止した。同市では、運行地区を公募した際①公募期間が短かかった②地区全体の住民合意を得る期間が不十分③事前の需要調査も不十分、などと説明。今後、公募期間など募集要領の見直しを行うが、別の地区での導入などは未定という。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ