バナー

2000 年に発足、50 カ所に/つくば市 ふれあいサロン

2014年05月23日

つくば市民の交流の場「ふれあいサロン」の数が約50カ所に増え、市の小学校数を上回った。市社会福祉協議会(社協)が「歩いていける距離のサロン作り」を目標に、2000年の2カ所からスタートしたものだが、着実な増加ぶりが目立つ。先駆けとなった、並木の「ふれあいサロンやよい」には、月2回の活動に約30人から40人が集う。森の里公会堂で活動する「森の里ふれあいサロン」では男性の参加促進を狙って、健康マージャンを行うなど各地で活発な交流を行っている。

 

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ