バナー

[西武筑波店閉店]市のシンボル、32年の歴史に幕

2017年03月01日

西武百貨店筑波店(植田俊裕店長、つくば市吾妻)が28日、32年にわたる営業を終え、閉店した。1985年3月8日の開店から、県南の商業・文化の中心地として、また筑波研究学園都市のシンボルの一つとして、多くの買い物客から親しまれてきた。しかし、つくばエクスプレス(TX)開業に伴う競争激化などで売上高が激減し、収益改善が難しいとして閉店の道を選んだ。同店の跡地に入居するテナントは、まだ決まっていない。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ