バナー

無料塾/子ども食堂 運営者ら意見交換 土浦

2017年02月11日

子どもの貧困が社会問題になる中、県南各地で、子どもたちの学習を支援する「無料塾」や、食事を提供する「子ども食堂」が生まれている。子どもたちを何とかしたいと開設したものの、どのように運営したらいいのか、対象となる子どもたちはだれなのかなど定義は定まっておらず、迷いながら支援が続けられている。県南の支援団体関係者ら約40人がこのほど、土浦市大和町の県県南生涯学習センターに集まり、悩みや迷いを話し合った。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ