バナー

高安関ら「福は内」節分会に700人 土浦・宝積寺

2017年01月30日

土浦市木田余の宝積寺で29日、恒例の節分会が行われ、同市出身で、初場所で大活躍した小結・高安関=田子ノ浦部屋=や、前頭二枚目の荒鷲関=峰崎部屋=をはじめ年男、年女らが本堂から豆まきをした。高安関らが「福は内」の掛け声とともに勢いよく豆やお菓子をまくと、境内の住民や相撲ファンなど約700人は歓声を上げながら両手を伸ばしていた。豆などを包んだおひねりは約300個用意。中には、高安関と荒鷲関のサイン入り色紙やカレンダー、反物などが当たる景品付きもあり、手にした人は大喜びだった。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ