バナー

[秀峰筑波問題]開校時期方向性出ず 26日再協議、教育委員会で決定へ

2017年01月24日

五十嵐立青市長が招集し、教育長、教育委員が出席する「つくば市総合教育会議」が23日午前、市役所で開かれた。建設工事の遅れで4月の開校が大幅に遅れる筑波地区の小中一貫校「秀峰筑波義務教育学校」について、開校時期や新校舎への移行の進め方を協議した。門脇厚司教育長が私案を提示したため、私案を含めて26日に再度、同会議を開いて協議することになった。その後、同日に開く教育委員会で最終決定する見通しだ。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ