バナー

[秀峰筑波問題]教育長「そもそも教委の権限」 完成後の早期入居を主張

2016年12月17日

つくば市教育委員会12月定例会が16日開かれ、施設一体型小中一貫校「秀峰筑波義務教育学校」の校舎完成が大幅に遅れる問題について、教育局から報告があった。開校時期について、柿沼宜夫教育長は「市長が政治的判断をするが、そもそも教育委員会の権限」と述べた。五十嵐立青市長はすでに、地元で説明会を開催した上で保護者らにアンケートをとり、決定したいとする旨を表明している。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ