バナー

つくばの空き家1600戸、推定の7割弱

2016年12月13日

つくば市空き家対策室が10月から市内全域で行っていた空き家の実態調査で、居住者のいない空き家1600戸弱が確認された。市内の空き家戸数が判明したのは初めて。常陽新聞の取材に対して明らかにした。事前の推定より3割以上少なかった。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ