バナー

意思表示1人でも多く つくばの「腎臓財団」、22日の健康フェスタで訴え

2016年10月10日

臓器移植への関心を高め、死後に臓器を提供するかどうかの意思表示をする人を一人でも増やしたい―。そんな願いを込めて、つくば市にある公益財団法人いばらき腎臓財団(筑波大付属病院内、理事長・大河内信弘筑波大教授)が地道な啓発活動を続けている。市の「産業フェア&農産物フェア」で22日に同時開催される「健康フェスタ」でブースを設け、来場者に理解と協力を呼びかける。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ