バナー

[土浦新図書館]市民ギャラリーの活用論議 図書とアートを核に

2016年10月04日

土浦市「協働のまちづくりワークショップ」が3日、開講し、一般市民、市関係者ら、約20人が参加。12月まで7回の論議が始まった。2009年度から3年間、市内各中学校区ごとの地区別ワークショップを経て、12年度からスタート。市民参加のまちづくり論議の場として、5年目を迎えた。毎年、テーマを定めて、思い思いのまちづくり談義、論議の場として定着してきた。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ