バナー

つくば研究支援センター、21期連続黒字計上 純利益3割増

2016年06月24日

 県や民間企業などが出資する第3セクターのつくば研究支援センター(つくば市千現)は23日、定時株主総会を開き、昨年度決算を承認した。経常利益は前年度比157・8%増の約5100万円、純利益は30・3%増の約3300万円で21期連続の黒字を計上した。

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ