バナー

つくばの商業地3年ぶり1位 県地価調査

2015年09月17日

 県は16日、7月1日時点の地価調査結果を発表した。県内の商業地は、前年2位だったつくば市吾妻1丁目の常陽銀行研究学園都市支店(つくば駅から300メートル)が、3年連続県内1位の水戸駅前のホテルと並んで県内1位となった。つくば市が1位になるのは3年ぶり。県内住宅地の地価上位5位のうち4地点をつくば市、1地点を守谷市が占め、つくばエクスプレス(TX)沿線が住宅地上位を独占した。つくば市のすべての用途の平均変動率は0・4%下落(昨年は横ばい)となった。土浦市は0・5%下落(同0・9%下落)と下落幅が縮小した。

 

Pocket

   
読者の声
 
 
ページ上部へ